あんたに言われたくない

あなたのためだから

仲良しシニア夫婦の実態?

/ 仕事帰り、住まいの近くでウォーキング中の仲良しシニア夫婦と出会う。 私が見かけるときはいつだって、二人は一緒。 いつも明るく人当たりのいい奥さんの話によれば、夫とは趣味を通じて知り合い、そして結婚に至ったということらしい。 ふむふむ、夫と妻…

20代女性に老眼鏡を褒められる

暑くてバテバテな月曜日、職場に着く前にエネルギーを使い果たした感じ。 「こう暑いとダルイのもあるけれど、イライラするのよ」と言う人がいて、だったら今日はこの人に近づくことは避けよう。 おばはんはイライラするエネルギーさえ尽きてしまった感があ…

「“単身赴任”(妻は)気楽でいいじゃない」で、モーレツに怒られた話

夫へ対する妻の気持ちが、実感として今一つ理解できないおばはんですが、昨日のブログで思い出したことがありました。 おばはんは昨日のことは忘れても、遠い昔のことは覚えているのでございます。 それは私が30代の出来事でありました。 夫はだ大企業に勤…

熟年妻たちの「いいわねー」の意味

今日もまた、ご近所の同年代のちょっとした集まりに招待されましたの。 本音は、興味ない、行く気ない、それどころじゃない、家でやるべきことが溜まっている、そっちが優先じゃ。 ですが、今年の春から、来る者は拒まず、袖振り合うも他生の縁、誘いにはと…

折り紙おばさん

一週間が終わりましたよ。毎日バタバタと文字通り駆け足で過ぎていくような、こうしてあっという間にあの世の門が開き、「いらっしゃい、お待ちしてたのよ」なんてことになるのかしら? でも、待っていてくれる人がいると思うと少しは楽しい気分になったりし…

おばさん、ババシャツ出てますよ

今日は気温が上がって夏日になる。なんて聞いたものだから薄着で出たら、寒がり風邪ひきのおばはんはなんかうすら寒くて、電車に乗れば冷房中。だから寒くて寒くて、鼻水、くしゃみが出始めて、で、またまた季節外れのマスク着用で寒さをしのいでおりました…

「その話、前にも聞いた」って言える?

昨夜ブログに書いたことを引きずっちゃって、今朝は気分が落ち込んでしまった。 仕事が終わったらだいぶ気分も落ち着いてきたけれど、あんな出来事は一度の人生で一回限りにしてもらいたい。 そんなこともあってか寝不足が続き、危惧したとおり、今朝から鼻…

寄る年波

今日もお勤めご苦労さん。 誰も言ってくれないから自分で自分に言うのよ。何とか今日も一日無事に終わりましたよ。 この歳になると、無事が何よりですわね。 実は一週間ほど前、私のミスで命が縮むような体験をしたのでございます。 私の人生、終わったかと…

「似ている」それは言っちゃダメなの

予定通り今日はボランティアで始まりボランティアで終わってしまいましたよ。 でも、それなりに充実した一日だったと思えば思えないこともないかしら? たとえ社交辞令であっても、最後に感謝の言葉をいただき、心地よい疲れとともに、この二日間の寝不足も…

NOと言うエネルギーも加齢とともに涸れる

わたくし、この春から、我が町のある委員を仰せつかったのであります。まぁ、つかった、というより、「とっつかまった」と言うのが正直なところでしょうか。なので今日、明日と二日に渡ってボランティア活動に駆り出されることとなりました。 折角の休日だと…

おばさんと袋物(バッグ)

何だか知らないけれど、おばさんはいつだっていくつもの袋物を持ち歩いている。 おばさんと袋物は切っても切れない関係なのだ。 一体、その中には何が入っているのか? すると、おばさんはやおらその一つの袋の中から、飴の袋を取り出し、「食べない?」なん…

「年齢も体型も関係ないわよ」と、カッコイイおばさんは無言で語る

昨日ブログを書いていて思い出しました、数年前のちょうど今頃、都心のデパートで、「おお、カッコいいじゃん」そんなシニアに遭遇。 年の頃ならアラ70そんなところでしょうか。 パナマ帽? に麻のワイドパンツ、あと何を着ていたのか忘れましたが、で、ほ…

お洒落な年配女性を見かけると

今日は仕事に行く途中、「あらー、涼し気でお洒落じゃないの」、という中年? 高年? 女性を3人見かけましたの。 中年だろうと、シニアだろうと、婆さんだろうと、男だろうと女だろうと、特別スタイルが良くなくても、特別美人でなかろうと、特別高級な服に…

「17歳に戻って人生をやり直してみたい」と、その人は言った

仕事帰りの電車の中は制服を着た高校生がいっぱい。 自分にもこんな時代があったのよね。 根拠はないけれど、なんの努力もしてないけれど、それでも未来はバラ色、幸せに満ち満ちた人生が待っている。それが信じられた時代だわね。40年後や50年後、老後…