あんたに言われたくない

あなたのためだから

スッピンで出かける限界点・帽子を作る女

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
f:id:k-manako:20190211120927j:plain

 

 先日、東京は日暮里の繊維街に行ってきましたの。でも私、お針仕事には全く興味ありませんのよ。

縫物大好き、生地見てるだけで幸せ! という友人が1人おりましてね、手作り化粧ポーチや手提げ袋など、これまでたくさんいただいております。


まぁ、私も針仕事、手芸などには興味ありませんが、布を見るのは、それなりに楽しいものですから、彼女の誘いにふたつ返事でいざ日暮里へ。


今回、友人のお探しものは、帽子? の生地?
帽子? 帽子? なんで帽子? どうするの?


帽子なら買ったほうが簡単じゃない?
だいたい、あなたが帽子かぶっているところなんか、長い付き合いなのに、1度も見たことないけれど? で彼女に訊いてみましたよ。

帽子? なんで帽子つくるわけ?

「だからさ、ほら、
ゴミ捨てに行くときのためよ。うちの方はゴミ集積所までちょっと歩くでしょ。

顔、見られたくないじゃない。だから帽子は必需品なの。

それも夕方、薄暗くなってから、マスクをしてね」

 

手作りヘンテコ帽子に、白マスク姿 Y さんのゴミ袋を持つ人目を忍ぶお姿。


と、私の脳が勝手に映像化するのです。
失礼とは思いつつも……うーん、笑える、笑っちゃう。


「うん、うん、分かる、分かる、マスクは私も一緒よ。
でも、私は帽子じゃなくて、サンバイザー」。


と応えた私ですが、皆さんはどうですか?


スッピンで出かけられる限界点は?

ゴミ捨て? 近所のスーパー? コンビニ? はたまた??? 

それとも……限界などない? 

いつだって、どこへだって、どんな場合だって、スッピンよ。なんか問題でもある?

化粧? 化粧なんて生まれてこのかたしたことないわ。

そうねぇ、最後に化粧したのはいつだったかしら? 

だって、夫が、恋人が「素顔の方が好きだ」と言うものですから。

 

あっぱれ! お見事! つまらないことを訊いてしまいました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

<実験>
化粧は、男性の態度も変える?

ノーメイクの女性と、メイクした女性が、それぞれ男性に道を尋ねる。

<結果>
男性はノーメイクの女性より、メイクしている女性に、より親切に対応する。

 しかし、濃すぎるメイクは逆効果。
男性は統計的にも、平均的顔を好む。


メイク……この実験結果は、……婆さんにも通用するものだろうか?


でも、でも、男性に、いくら親切にされても、その理由が化粧云々のせいでなく、

 ……年寄りだから、年寄りには親切に! だとしたら、

……私は、少しも、少しも、うれしくございません。

 

【スポンサーリンク】