あんたに言われたくない

あなたのためだから

「妖怪婆」それとも「ただの 婆」 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

「この歳になったら、もうお洒落もへったくれもない」……の?

 

 化粧をすれば「妖怪婆」、しなければ「ただの婆」

それなら妖怪を目指す方が、まだマシ? と、年齢不詳の妖怪婆を目論んでいた50代。

 

f:id:k-manako:20190210224413j:plain

 

 けれども「婆」は「妖怪」よりも強かった。60代になるともうあきません、隠せません。でも、白日の下には晒せないこの辛さ。

 後戻りは不可能で、無情にも現状維持すらできない日は続き、それは刻々と深刻さを増していくのであります。

 さてどうしましょ? ……観念する? 

婆になるのは簡単よ。何もしなけりゃそれで済む。

 それとも妖怪婆と呼ばれようと、我が道を行く? 

けれども妖怪に至るまでには手間暇かかりそうだし、世間の優しくない目にも晒される。妖怪化への道はそう甘くはない。

 それなら中道を行けばいいのよ。普通に薄化粧ね。

ところがどっこい、この普通が薄化粧が難しい

 少々塗りたくったところで、タルミは勿論のこと、シミは隠れず、化粧の効果は無いに等しい。

あれだけ時間をかけたのに、外出先で鏡をのぞけば、努力の甲斐なく……なに、これ……スッピンと変わらないじゃん。

 さりとてシミが隠れるほど塗れば、白塗り厚化粧といわれ、数時間後には、シワにはくっきりとスジが入り、ヒビ割れて、全くもって悲惨な状況となり、努力もへったくれもない。

 だったら、ポイントメークを目指せばいいんじゃない。色も香りも艶もなくなった老顔に華やぎを! 枯れ顔にパッと花を咲かせましょ! それで目くらまし効果を狙うのじゃ。

 

【スポンサーリンク】
 

 ところが、

 「40過ぎたら化粧したって、どういうわけか化粧したように見えないのよ。写真にとると、まるでスッピンに見えるんだから。

だからじゃないの、歳とると真っ赤口紅つけたりグリーンだの何だの変な色アイシャドウ使うようになるのは」

 と、あるラジオ番組で40代半ばの女性が言っておりました。可笑しくも他人事とは思えず笑えず、妙に納得し……。

 

厚塗り論外、薄塗りはまったく効果なく、化粧しても努力は報われず、また色を使えばゲテモノ……だったら、どうすりゃいいのよ。

 化粧は、その意味をなさず、メイクにアップを求める歳はとうに過ぎ、だったらいっそのこと、無駄な抵抗はしない、スッピンで通すのはどうだろうか。

 スッピン……どれだけラクになるだろうか、どうせ誰も見ちゃいない。

「この歳になったら、もうお洒落もへったくれもない」それどころじゃない。

 

老顔・スッピン……「それじゃ、ただの婆じゃない。ただの婆はイヤなのよ」、と妖怪にもなれないくせに生意気を言うアンタ。

 

【スポンサーリンク】