あんたに言われたくない

あなたのためだから

それは、そのままアンタのことですよ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

性懲りもなく婆さんネタは今日も続きます、今しばらくご辛抱ください。

 

70代のアンタが言う。

この前、スーパー行ったらね、〇〇さんを見かけたの。

声かけようとしたんだけど、

なんかね……声かけづらくなっちゃって。

だって、「お婆さん」に見えたのよ、〇〇さん。

だから、似てるけど、もしかして人違いかもしれない、

なんて躊躇しているうちに、〇〇さんの方が私に気が付いてね。

 

ちなみに〇〇さんは60代。

〇〇さんに、告げ口? なんてしませんわよ、この私に限って。その代わりここに書いちゃいますけどね。

 

60代と70代ですよね。

体力、気力、活力、経済力、何もかもに大きく差が出るこの年代。

外見だって、例外ではありませんわよ。

で、見た目年齢は、そのまんま、みたまんま、分かりやすい。

そして個人差が非常に大きい。

ですが、普通の人が、普通に思う、60代半ばと70代半ば。

単純にどっちが「お婆さん」に見えるか?

 

他人の加齢現象には目敏いけれど、自分の加齢現象、見た目には、気が付かないというか、甘いというか、わかっていない、というか他人事なのですわね。

 

それは普段、自分の姿は見えないからですわね。しつこいようですが。

でも、まぁ、見えない、から、救われる、ってこともありますわね。

知らぬが仏、だからこそ心穏やかに暮らせる、ってこともありますわね。

 

言えば言われる、嗤われる。

「この前ね、びっくりしちゃった、✖✖さん、お婆さんに見えたのよ」

と、おばはんが誰かさんにしゃべるとしますわね。

すると、これを聞いた人が、

「何、言ってんのよ、アンタの方がお婆さん度は上よ。

✖✖さんは、たまたまそう見えたかもしれないけど、アンタはいつもそう見えるわよ」

口には出さずとも、お腹の中でそう嗤っているんだわよ。

だから思っても言っちゃだめよ、だけど書くのはいい? かしら。

 

【スポンサーリンク】