あんたに言われたくない

あなたのためだから

「“単身赴任”(妻は)気楽でいいじゃない」で、モーレツに怒られた話

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
f:id:k-manako:20190526124048p:plain


夫へ対する妻の気持ちが、実感として今一つ理解できないおばはんですが、昨日のブログで思い出したことがありました。

おばはんは昨日のことは忘れても、遠い昔のことは覚えているのでございます。

 

それは私が30代の出来事でありました。

夫はだ大企業に勤め、現在単身赴任中という40代専業主婦と話をしていた時のこと。

夫がどうのこうの、家がどうのこうの、子供の教育がどうしたこうした、興味のない私はその中身は全く覚えておりませんが、よくしゃべる主婦でありました。

 

時代はバブル・30代・独身、いまだ遊ぶことにしか興味のない私は、

「でも、(夫が不在は)気楽でいいじゃないですか」

と無責任発言をしたところ、突然、この主婦、噴火したのでありました。

 

「何言ってんのよ」「私がどれだけ大変な思いをしてると思ってんのよ、家庭の全責任は私にかかっているのよ、それがどれだけ重いことなのかわかってんの? ◎△$♪×¥●&%#?!*$@%&!? あんたみたいな小娘に? 何がわかるというのよ」。

 

こんな感じだっだでしょうか。怒髪天を衝き、口角泡を飛ばし、感情のままに怒りをぶちまける主婦の形相のすさまじさ。

(おお、こわー)

(キョーレツ、モーレツ、すんごいわ、うるせーわ、あきれるわ)

 

そんな怒り顔の主婦を見ていて、つくづく思ったものです。

怒りの感情をそのまま人前にさらしてはいかん、あかん。

余程の美人でない限りは。

 

 で、こういう妻を持つ、この人の夫とはどういう人なのだろうか?

家庭では、無口な人だろうな……。

単身赴任、今頃、ご主人は赴任先では、よくしゃべり、明るく伸び伸びと一人暮らしを謳歌しているんだろうな。 

 

【スポンサーリンク】
 

 

あれから数十年の時を経て、夫も今やリタイア暮らし。

無口な夫は毎日在宅。その存在自体に、イラつく妻。

どこか出かければいいのに。それも2、3日でなく長期で。

あーあ、夫の単身赴任時代が懐かしい。

あの頃は何だかんだ言っても気楽だったわ、楽しかったわ。

時代はバブル、私も若かったし、夫の年収だってすごかったし、財布の紐は私が握ってたし。

だから料理だって作りたくなければ店屋物ですましていたわ。

友達とお茶して食事したって、帰る時間なんて気にすることはなかったのに。

あーあ鬱陶しい。夫が毎日家にいるって。

給料なんてどうでもいいから、どこか仕事先はないものかしら?

それも、どこかへ単身赴任なんて、最高なんだけれどな。

夫の単身赴任……あんな日々はもうやってこないのよね。

死が二人を分かつまで……ないの? あーあ。

 

【スポンサーリンク】