あんたに言われたくない

あなたのためだから

自分じゃ見えないからいいのよ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
f:id:k-manako:20190602105414j:plain

買い物からの帰り道、隣の奥さんとばったり。

 

「お出かけ?」と声をかける。

 

そうなの。でも、さっきまで忙しく動き回っていたから汗かいちゃって。

だからシャワーを浴びて髪も洗ったけど乾かす時間がなくて、

ねっ、髪まだ濡れているでしょ。

でも、いいのよ、自然と乾くから。

 

確かに奥さんの髪はまだ充分、濡れておりました。

そんなに急いでどこ行くの? ですが、もちろんそんなことは私の知ったこっちゃない。大きなお世話でありましょう。

で、奥さんは言います。

 

化粧もしないでひどい顔してるけど、自分じゃ見えないからいいのよ。

見せられる方は迷惑だろうけど。

 

……「うん、そうね」とは言えないおばはん。

 

こんな時は沈黙は金でいくしかない。

でも、しかし、 あまりのだんまりは肯定につながる。

うーん、なんか言わなくちゃ、ええっと、ええっと……。

ああ、でも、言葉が出てこない。

 

しかし、奥さんは私の言葉など待たずに、

じゃ、急いでいるから。

と小走りに去っていったのでした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

うーん、なにか言うべきだっかしら?

でも、考えなしに下手なことを言えない……でしょ。

だったら、

「そうよ、そうよ。他人の目なんか気にしていたら、なんにもできなくなっちゃうわ。人生は一度きり、もう、この歳になったら、お洒落もへったくれもないわよ。残り少ない貴重な時間を、見た目なんかに無駄遣いしちゃいられないわよねー」

とも言えないしね。

 

【スポンサーリンク】