あんたに言われたくない

あなたのためだから

「今の70なんて子供よ」「80代の女性読者モデル」

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20191210223249p:plain


帰りの電車の中で過去のことを色々と思い出していた。あれは30年前 ♪ とめる あなた 駅に残し~ ♪  なーんてことはなかったけれど、それでも、あの時から、その時から、30年40年50年、はぁ~あ、そんなに経ってしまった、歳をとったものだ。

……が、しかし、「今の70なんて子供よ」先日テレビを視ておりましたら、力こぶ自慢のバリバリ元気な御年94のスーパー・ジサマがそうおしゃっていましたわ。

まぁ、たしかに94歳から見れば70歳なんてジサマの子供くらいの歳だもの、なのですが骨量は30代のそれに匹敵するという強靭な肉体を持つジサマの力強いお言葉であります。

野良仕事で鍛えた体は筋骨隆々、姿勢もいい、爺さんとは呼べない逞しさ、力強さ。こういう人は多分ピンピンコロリではないでしょうか。ピンピンコロリと逝けるのは幸運な人だそうで、ほとんどはヨロヨロドタリだそうですが、ドタリと逝くのだって難しいような気がする60代の情けないガキであります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

スーパー・ジサマの次はどこかで立ち読みしたシニア向け雑誌、本のタイトルは忘れてしまいましたが、その中に80代の(正確な年齢は忘れた)女性読者モデルがおりました。80代に全く見えない若々しさ、また、おきれいでモダンな方でした。

で、この人がなぜ読者モデルに選ばれたのかといいますと、この女性が出版社に手紙を書いたそうです。

──70代くらいまでは、まだ、シニアのお洒落、ファッション特集などもある。でも、80代になると、そのテの雑誌も特集も皆無である、どうして? なぜ? 80代だってお洒落がしたいのに。そんな内容だった、ようです。

で、この手紙が編集者の目に留まった。で、早速、この女性と会い、ファッション特集の最年長読者モデル決定、となったわけですが、スゴイですね、80代でこの行動力、お洒落に対する飽くなき興味。

60代なんてこの人たちから見たら、「若い」「なにを年寄りじみたこと言ってるのよ」「今からそんなことでどうするのよ」と、一笑に付されるでしょう。

しかし、自分の20年後、30年後、考えただけで……うーーーん……言葉が出ない、考えたくない。……それより生きているのか? もし、生きていたとしても……考えは、そっちに行ってしまう。

 

【スポンサーリンク】