あんたに言われたくない

あなたのためだから

ボケボケボケ大ボケー

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20201025195736j:plain

呆れてものが言えない。でも覚えているだけマシ、そう思ことにしよう。

 

先日、ウッカリ夫人が言うことにゃ、家の鍵を失くした、焦った、慌てた。と思ったら、鍵をズボンのポケットに入れたまま洗濯、そのまま外に干し、夕方、洗濯物を取り入れるときに見つけた……呆れた、でも彼女なら大いにあり得ると納得。

この話を聞いた時、普通、干すときに気がつくんじゃないの? 信じられない、さすがウッカリさん、と笑った。ところがだ、彼女のこと笑っていられない、ウッカリ、ボンヤリ、ピンボケを軽く超え、ボケボケボケボケドジドジドジドジ、マヌケ極まれりはこの私、老顔、真っ青ーーーの今朝だった。

昨日、銀行へ行き A T M で記帳したはずの通帳がない、それも2冊だ。ない、ない、ない、どこを探してもない、それに気がついたのが今朝、それも昼近くになってからだった。

昨日、銀行の A T M で記帳、その後、スーパーに寄り食品、日用品などを買う。思いのほか荷物が多くなり重くなってしまった。よいしょ、どっこいしょ、老体に鞭打ちながらやっとの思いで家までたどり着いた。

 

【スポンサーリンク】
 

 

買った物を所定の場所にぶっこんで、ああ、やれやれ、疲れたよー。で、ここで財布の所在の再再再確認。財布は、昔、何度も失くしているので、以来、財布の所在確認はしつこくするようになった、お陰で歳はとっても財布の紛失は免れている現在なのだ。しかし、通帳のことは……?

迂闊であった、どこで落としたのか? ……全く思い出せない。加齢脳で寝不足で荷物多すぎ重たすぎ、 普段、持ち歩かない通帳のことまで頭が回らなかったー、まいったー、己の間抜けさにあきれるー、自己嫌悪、で、顔、青ざめるー。

早速、紛失届、有難いことに休日も電話で受け付けていただけて、とりあえず一安心。安心したら、今度は、羞恥心が。どこの誰とも知らない人に、通帳のお粗末な中身を見られる恥ずかしさで、顔、赤くなりそう、と同時に気味悪さ怖さ。

もし、ものすごい大きな金額が記載されていたら……これはこれでもっと怖い? 通帳から直接お金を得ることはできなくても、通帳から大金持ちだと知られたら、住まいも割り出されたら? それからそれから……。と悪いことばかり連想してしまう。

だったら、まぁ、この程度のお粗末な残額で良かったと思うことにしよう。……まぁ、それしかないけど……しかしね、それにしてもね……もう、呆れを通り越して、絶句。

災難は忘れた頃に……大ボケ、又やってしまいましたー、あれは2年前、その時は人を巻き込んでの大事件、寿命が縮んだ。それに比べたら、見知らぬ他人に自分の通帳を覗かれるくらい、どうってことない、そう思うことにしよう。

……それから6時間ほど経過、こんなことがあっても食欲は落ちず夕飯の支度をする。こうなりゃ、酒呑んで忘れましょ。で、調味料などが入っている引き出しを開けますと、あれー、通帳が????? 何でここにあるのでしょうか????? 誰が入れたのでしょうか?????

良かった、よかった、ヨカッタ、しかし、このボケボケボケ大ボケ、何と申しましょうか、言葉出ませんね。

 

【スポンサーリンク】