あんたに言われたくない

あなたのためだから

えー、あんたの「ジイサン」と、ひとつ違い? ショック!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210207133350j:plain

この春は新しい自転車を買おう

春~、 そんな日でありました。ご近所さんにランチ散歩を誘われましてね、こんな時ですからランチはやめましょう、その代わり戸外でお茶をしましたの。

ねぇ、ねぇ、今年いくつになるんだっけ? ええっと、何年生まれだった? 私より2つ上よね? 何月生まれ? と彼女が訊く。

ええっと、そうですね、私の歳は? えーっと、えーっと……へぇ~、そうなんですか? ゲゲゲ、そんな歳になるんですか? 知りませんでした、忘れておりましたです。

へぇ~、あなたも私も、そんな歳に?

はぁ~、お互いしみじみ、「信じられないよね~」

教えてくれて思い出させてくれてありがとう! 

なんて思うわけないでしょうが。うっさいよ、人が折角忘れかけていたものを、今さら聞いて知ってどうする、思い出させるんじゃない、余計なお世話だ。

で、この人の夫は、私より、たった、「ひとつ上」だそうだ。

……その夫を思い浮かべ……

(どこからどう見ても、正真正銘、老人、ジイサンじゃないか)

春めいた気分がしぼんだよ。 

【スポンサーリンク】