あんたに言われたくない

あなたのためだから

ヨレヨレヨロヨロ婆さん気分

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210628200904j:plain

その杖、私に貸してください、そんな気分

寄る大年波にのまれましてね、金曜日は大不調、土曜日は超絶不調で熱も出て飲めず食えずの寝たきり。日曜日はだいぶ回復、しかしその見返りが強烈な腰痛ときたものだ。

今日は何とか起きておりますが、椅子に座っているのも辛く立ち上がるにも、そーっと、イテテテテテテテテテ、ああ、ギクッといきそう、ああ、腰曲がったまま、固まった。ああ、どうすりゃいいの? その繰り返し。

ヨロヨロヨレヨレ歩く姿は90、100の老婆そのもの? で、何だか知らないけど左足首も痛い? どうなってるんだ?

内くるぶし周辺の色が変わっているではないか? どこかにぶつけたのか? ちょっと腫れているような気もする、触ると痛い、が、なんでこうなった? 全くわからん。

満身創痍の年寄りは痛いところばかりで不機嫌になる、おまけに食欲もなくなって、何の楽しみもありゃしない。

【スポンサーリンク】
 

休日は夕飯時にテレビを少し視る。体は欲していないが、折角の休日なのだからと缶ビーを開ける。しかしテレビはと言えば全く不愉快なニュースばかりだ。

缶ビーは体調の悪さを反映し「うーん、苦い、不味い」。年寄り、苦虫を噛みつぶしたような顔になる。で、テレビのニュースを視、またブツブツと不機嫌にひとり言を言い始める。

しかし場面は変わり、ここで大谷翔平選手登場。ベビーフェィスにデッカイ体、年寄りの顔緩む。かっ飛ばせー! 年寄り少し元気になる。

彼がバットを振り切った姿、その打球がグングン伸びて、ああ、入ったー、ああ、胸がすくー、年寄りニンマリ、大谷選手の笑顔でまたまたニンマリニコニコとなる。

ああ、こんな息子がいたらいいな、孫でもいいわね、うーん、親戚の子でもいいか、と年寄り思う。大谷選手の母親は幸せ者だな、こんな息子がいるなんて。なんて思ったりしてね。

【スポンサーリンク】