あんたに言われたくない

あなたのためだから

コロナは忍び寄り、病院は年寄りばかり

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210825222002j:plain

無事に秋が迎えられますように!

先日の検査結果を聞きに病院に付き添う。今日のその結果には、まぁまぁ納得。で、今日も又、病気って不思議だ、人間の身体って不思議だ、と、思わずにいられない。

こんなこと若い時には考えもしなかった。ただ、年寄りは、なんで病院ばかり行くのか、どうしてそんなに行く必要があるのだろうか? それが不思議だった。 

病院なんか行きたくない、行くものか、歳だって、とりたくない、とるものか、年寄りなんかなりたくない、なるものか。

だから自分は歳をとらない、病気にもならない、これからも今のまま生きていく、そう決めていたのだ、そんなアホだったのだ。

コロナ禍で、この病院はコロナ前より空いているのか、いないのか、付き添いで来たオババにゃ全然わからんが、それでも待合室にはそれなりの数の人が。

また、見渡すかぎり、なんだなんだ高齢者ばかりじゃないか、そう思った付き添いオババもまごうことなき……あーあ、そうだったのね、あーあ。

【スポンサーリンク】
 

 

昨日のウッカリさん……ウッカリは失礼か? あんないい人を……おっとりさんにしましょうか? ……でも、やはりウッカリの方が似合うのだな、あの人は、しょうがないですよね。

で、彼女の職場でも感染者1名出ました。30代のその人は今はもう職場復帰してるそうだ。でも、体重はずいぶん落ちてしまったようで、まだ体調万全とはとても思えない、そうウッカリさんは言っていた。

ウッカリさんは職域接種、でも30代のその人は基礎疾患ありワクチンは打たなかったようだ。ワクチンの是非、それはオババにはわからん、が、しかし職場クラスターを免れたのは、幸運だった。

もしもしもし、万が一、ウッカリさんが職場感染していたら、オババもひょっとして濃厚接触者となったかもしれず、その後のことを考えると超恐ろしい。

いい人だなんて言っていられない、というより、もうすでに、もの言えぬ人になっていたかもしれない。

年寄りだっていいじゃないか、病院に行ける、診てもらえる、有難いことじゃないか。命あっての物種だ。年寄りばかりの病院の待合室でそんなことを考えてしまった。

8月が終わってしまう、これはまずい。電話がかかってこないをいいことに延ばし延ばしにしていた職場行き。

しかーし、行かねばならぬ。今やいつどこで感染しても不思議じゃない、だから電車に乗りたくないのであります。もう職場には行きたくないのであります。

ところがだ、オババはそんなこと言ってても、困ったことに、一旦、出かけてしまうと、そんなことケロッと忘れ、なんかフラフラしちゃうのだ、ほっつき歩いちゃうのだ。

おうちがだんだん遠くなる、ここはどこ? 私はだーれ? それがどうした、人生は長ーーーい旅なのだ、寄り道、近道、回り道に迷い道、けもの道だって、いろいろあらーな。

まぁ、それも今は昔、今じゃ歳とって体力なくなりそんなジャーニーは出来なくなりました。ですから外食しない代わりに、せめてせめてデパ地下寄りたいのですが、ダメ? 

【スポンサーリンク】