あんたに言われたくない

あなたのためだから

彼女の長所

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20220118203251j:plain

たまに会うだけなら「いい人」でいられるしね

火曜日が終わります、今日もモウヒトリサンから電話はありませんでした、このままでいきましょう。

 

オババが話をする、するとウッカリさん、

「えー、そうなの?」(ちょっと驚いている様子)

オババとしては、以前にも同じこと2回も3回も4回も言ってますけど……なのに、彼女が、全然、覚えていない? そのことに驚く。 

オババの話だけでなく彼女はボラ活の日時も忘れていることがある、10以下の足し算引き算もよく間違える。

で、最近つくづく思うのですけどね、若い時なら、こういう人には、大いにイライラさせられ怒りすら覚えたかもしれません。まぁ、友達には、なっていないでしょう。

しかし私も歳をとって簡単な足し算引き算も怪しくなり、小学校で習うような漢字も思い出せない書けない、そんなことが当たり前となりました。

【スポンサーリンク】

 

物忘れは日常茶飯、忘れたことも忘れ、このブログに関しても、あれ? これは以前、書いたことがあるような……で、調べてみましたら、ありましたわ、ウッカリサンとの会話が。

以前、どこかで書きましたが、最近、物忘れがひどくてね、とオババが言えば、「えー、そんなの昔からだよ」

そうなんです、私も、同じようなことを今回で3回も書いている? すごいですね、この忘却力、ウッカリサンのこと言えません。

しかし、彼女のこの忘れっぷり、それも昔かららしい。これこそがオババに気楽さ、安らぎ、笑いをもたらせてくれる宝物だということに気が付きました。

人に警戒心を与えない大らかな性格は体つきにも現れ、付き合いの広さ多さもすべては彼女の大らかさのなせる業でしょう。

また見かけによらず(失礼)、人に対して実に細やかな配慮のできる人であることをオババは知っています、で、口も堅い(これ大事)。

自分に甘くは基本の基でありますが、老いては、他人のボケは自分のボケ、他人のボケにも寛大に、彼女を見ていてそう思うのでした。

えっ? 全然、褒めていない? そうかな? ちょっと褒め過ぎかな、と思いますけど。 

……で、今日書いたことは……以前も書いたような……まぁ、そんなこともあるわよ、歳とれば、歳のせい、そういうことにしてください、もう抵抗しません。

【スポンサーリンク】