あんたに言われたくない

あなたのためだから

自分の加齢は棚に上げ…その歳で、まだ気にする

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20211008200155j:plain

今やスマホで自撮りは自虐趣味、ガマの油

春だというのに痛い話ばかり続くと落ち込んでしまう、加齢だって進みそう、老人性鬱にだってなりそう、だったら老人よ外に出よ「痛くても歩かなにゃいかんのよ」。

左脚の痛みは1週間前よりは良くなったと思う。ということで散歩に行こう、しかし、気温も高いが日差しも強い。

仕事に行くならともかく、ご近所散歩ですよ、スッピン圏内ですよ、だったらスッピンでいいじゃないか、それにサンバイザーか帽子で顔を隠そうマスクもして、どうせ誰も見ちゃいない。

誰も見ていない? ダメだダメだ、そういう問題ではないのだ。問題はスッピンでなく紫外線だ、それは横からも下からも入ってくるからだ。

だからー、言ってるでしょ。日に焼けようがシミだらけになろうが誰も気にしてないの、見ちゃいないの、オバサン、バアサン、年寄りのことなんて。

そうは言っても当事者には見えるのだ気になるのだ。ということでせめてパタパタと粉をはたきます、まぶします、これでどうだ、万全だ、紫外線よ、どんとこい、ついでに眉まで描きます。

すると、気分ちょっと上がる。で、思い出しました、つい最近のある晴れた日の午後、ご近所70代(半ば過ぎ?)の女性と外で立ちした時のことを。

【スポンサーリンク】

 

その70代半ばの人は話の途中で「日に焼ける、日焼けしそう」と、そう何度も言うのです。

で、ワタシ、思ったんです。

えー、そうなの? その歳で? まだ、そんなこと気にする? それに、そんなこと気にするような人には……見えませんけど……。

勿論、そんなこと口にはしません。

けど……大変、失礼いたしました。そうですよね、いくつになっても気にする人は気にしますよね、ですよね。

で、それはそのまんま、ワタシのことでもありました。

誰も見ちゃいない、気にしちゃいない、シミが10個100個増えようが、シミの中に顔があろうが年寄りなんて興味ない、若い人はそう思うでしょ、言うでしょう。

若くないワタシでさえ自分の加齢は棚に上げ、「その歳で」なんて思っちゃったりして大変失礼いたしました、自分のことすっかり忘れておりました。

人はそれぞれだけれど価値観も人生観も違うけれど、いくつになっても気になることは気になるのよ、こだわるのよ、無駄とわかっちゃいてもね。

 

自分のことは棚に上げ、それにしても、ご近所は年寄りばかりだ、歩いてそう思い、書いて確信する、今更だけど。

【スポンサーリンク】