あんたに言われたくない

あなたのためだから

「(料理は)務めだと思ってやっている」…エライ!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

f:id:k-manako:20220326200103j:plain

“ボク食べる人、ワタシ作る人”が、問題となったコマーシャルがあった

今度の休日には何を食べよう、何を作ろう……仕事に行っていた時はそうやって料理を考える、作るのが休日の愉しみだった。

ところが毎日が休日となって8ヶ月も経った今、それは愉しみでなくなった。それでも今のところ1日1回、夕飯作りだけは多少時間をかけている。

夕飯と言っても、ご飯は食べない、その代わり何品もおかずを作る、ツマミ、アテである。で、ゴックンすれば、ああ、幸せ、やはり、自分で作って良かったと思う。

「一人になったら(夫が亡くなったら)、料理なんかしなくなると思うわ」と言う人もいるけれど、オババの場合は全く、逆だ。

誰かのために毎日料理なんて、とてもじゃないが、ああ、考えただけで、ああ、あり得ない、自分が怖い、いつか爆発しそうで。

だからオババにとって毎日、料理をする人はエライ、エライ人となる。

【スポンサーリンク】

 

前回、ウッカリサンと食事した時に彼女が、

「今日は、これから息子たちが来るのだけど、夜は(食事)何にしよう、全然、思い浮かばないわ、ああ、もうイヤだ、ホントに料理なんかしたくないのよ」と言う。

それを聞いた心優しく機転の利くオババは、だったら、ここで持ち帰りの、お刺身盛り合わせでも頼んじゃえば、と言ったのです。

すると彼女の顔がパッと明るくなって、ニッコリ、「そうね」で、早速注文。「ああ、よかった、でも、お刺身だけでは……」だったら唐揚げもどうよ、で、唐揚げも注文。

「良かった、これであとはサラダと汁物でも用意すればいいわね、ああ、助かったわ」と彼女大喜び、で、オババは感謝されましてね、で、オババは言いました、

でも、偉いわ、イヤだって言ったって、毎日、料理作っているんだもの。

すると彼女、「しょうがないわね、(料理は)務めだと思ってやっている」と言うのです。

務めか……うーん、やっぱり、エライね。

で、(ダンナさんは)いつも「おいしい」とか言ってくれる? 

「ううん、言わない。しょっぱいとか辛いとか、そう言う時だけ言うけどね」

(憎たらしいダンナだ)うーん、やっぱり、エライ!

しかし、たとえ、毎回、「おいしい、おいしい」と言って食べてくれる人であっても、それはそれで苦痛だ。

自分のためでも誰かのためでも、毎日、料理は難行苦行だ、駄目だ、無理だ、できないだ。と彼女の話を聞いて改めてそう思ったのでありました。

【スポンサーリンク】