あんたに言われたくない

あなたのためだから

74歳・女性・お金…その使いっぷりに天晴れ、呆れ…

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20220402195110j:plain

人生は途中で降りられないジェットコースター、ならばそのスリルを…

行ってきましたよ、お花見。本日はランチ無し、日差しを考え帽子を着用、それにマスク、それにこの歳、ならば顔なんかどうでもいいか? 

冗談じゃない、歳はとってもそれなりにそれなりの顔作りに時間をかける。すると段々と気分が上がってくる、いいじゃないの、やはり外に出るは必要だ、服も欲しくなってくる。

ふさぎの虫はお日様が嫌い。家に籠っていると欲がどんどん萎んでいく、食べたいものも欲しいものも必要なものも全てがぼやけて、どうでもよくなってくる。

欲は生きる欲、この先のことを考えれば節約は大事だけれど、まだ生きているならばこの歳だって、この歳だからこそ、ちょっとはたまにはウキウキイキイキが必要だ、で、残りの人生そう生きたいものだ。

それにはお金も必要だ、物欲は生きる欲、お金は使うためにある、でも、先立つものがない? なければ働け、稼げ。

でもでも、だって、この歳だもん、無理無理、仕事がない、あっても体が頭がついてけない。だったらこのままでいいかしら、面白くもないけれど。

と思ったら、先日、夕方のテレビ、74歳の女性のお金の使いっぷりに、まぁ、驚いた、呆れるを通り越してお見事、というのか、何と申しましょうか、笑った。

【スポンサーリンク】

 

74歳・女性

収入:清掃の仕事と年金を合わせて月15万程

家賃:85,000円(清掃の仕事で得る月収分に相当)

貯蓄:ゼロ

***毎月、年金は全部使い切る。

もっと家賃の安いところに引っ越すという考えは?

74歳、即座に、「ないないない」

理由:こんなに便利なところはない。美味しいものを食べさせてくれるお店もいっぱいあるから。

うーん、ここまででもちょっと驚くが、更に驚いたのは、この人、以前は持ち家に住んでいた。で、そこを売却して4千万の現金を得た。

***しかし、その4千万円を、5年で使い切った。

何に使ったか? 

買い物。お金があろうがあるまいが、そのパッションは衰えることなく、今も、少ない? 年金生活費の中から、服やアクセサリーを買い続けている。

すんごいですね、この74歳、この使いっぷり、枯れてませんね、思わず生ビー呑む手が止まりましたよ。物欲は働く意欲につながり、そして生きる意欲に、そういうことなのでしょうか。

なんか、好きですね、こういう人、で、元気、パワーがある、使いっぷりが見事? 世間じゃ、バ〇と言うのかもしれませんが……ワタシ、ちょっと? 似たとこあるんです。

しかし現実問題として、自分の親やきょうだいが、こうだったら笑ってられませんね。うーん、ヒトゴトとはいえヒトゴトとも思えない、笑いながらも、74歳か……考えさせられます。

と同時に「いいじゃないの幸せならば」、買い物に対する欲望は彼女の足元にも及びませんが、彼女の持つエネルギーを少し分けていただきたい、そう思いましたです。

【スポンサーリンク】