あんたに言われたくない

あなたのためだから

ズボラにも程がある

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20191119162643j:plain


今日の昼間は暖かった。ちょっと動くと汗ばむくらいだった、それが夜になると一転、帰宅時の寒いこと、帰ったら……お風呂もいいけど……その前に炬燵だー。

冬は炬燵が最高じゃ。部屋が片付かない感じは嫌だけれど、最近はそんなこと二の次三の次、なんといっても足が温まる、これに尽きる。で、足が温まると体全体がポカポカしてくる。

けれど炬燵に一旦入ってしまうと、出るのが億劫になる、これが問題だ。それでなくても動きが鈍くなる季節だというのに、そこへ炬燵が加わればズボラ度は上がる一方だ。これが来年の春まで続くのだから恐ろしいものがある。

休日に炬燵に入り欲求にまかせて飲食していると、お腹周りがどんどん肥大化していくように感じる。で、内臓と脳の働きはどんどん鈍化していくようだ。これ以上鈍さが増してどうする……わかっちゃいるけど、それでも体は動きたくないという。

寒くなると、着替えするのもトイレ行くのも面倒くさい。と、あるおばさんが言っていた。確かにそれもうなずける。

 

【スポンサーリンク】
 

 

20代の頃、友人たちとお喋りしていた時、ご飯を電気釜からそのまま食べるという女子がいた。「ええっー」と他の女子、でも当の本人は周りの反応にもいたって冷静、「だって、お茶碗洗うの面倒くさいじゃない」

夏は「バスタオルで過ごす」という子もいた。「ええっ、バスタオル?」家の中歩き回るだけで落ちてきそうじゃないの、ズルズルと、やだー、信じられない。ですが、こちらの女子も「だって、洗濯、簡単じゃない」そうかな??? 全然そう思えないけど……。

季節だけのせいじゃない、炬燵だけのせいじゃない、歳のせいだけじゃない、一人暮らしだけのせいじゃない、ヒトのズボラを呆れ笑っている場合じゃない、わかっているんだけれどね。

 

【スポンサーリンク】