あんたに言われたくない

あなたのためだから

ラクでカッコ悪くない服…ありませんか?

「ラク」を求めるようでは…いいの、おばさんだから。とは言っても、おばさんにも5分の魂 これからがコロナ本番? 昨日、夕方のニュースを視ていたら、若さはバカさの若者が、「給付金は、あぶく銭、風俗行ってパーッと使います」とか、 go to 「キャバクラ…

「別の」マスクと「別の」現金がやって来た

雨はただの雨になった。歳、とった 1週間前の休日、2週間前の休日、1ヵ月前の休日、3ヵ月前の休日、で、今回7月2度目の休日、その違いを述べてみよ。 わからん、違いなど、全くわからん、ありゃせんのだよ、違いなど、3ヵ月前どころじゃないよ、1年前…

手作りマスクおばさん

こっちのマスクは過去形に…このマスク、顔、隠せていいね 通勤途中でも職場でも、若い人で「手作りマスク」をしている人は、ほとんどいない。でも、おばさん では、時々、見かける。これも今月68歳となる都知事効果か? 市販の不織布マスクおばさんであれ…

男子高校生に、おばさんの心、ちょっと和む…それとも凹む?

大きな荷物はオバサンだけじゃないのだよ 1週間のご無沙汰でした。都知事選、予想通りでしたね。しかしね、なんかね、「拮抗」とまでは言わないけどね、ここまでね、ぶっちぎりだとね、ちょっとね、おばさんね、言いたくなるわね……大丈夫ですかーーー? っ…

夜の街と昭和おばさん

今は昔、昭和おばさんの「夜の街」 感染者が増えている、さもありなん。で、『夜の街』……ちょっと笑える、笑ってる場合じゃないけど。そしてそれは昭和のにおいがする。 それは銀座でも、六本木でも、青山、原宿でもなく、新宿、池袋でしたか。「新宿の女」…

友達いないし、行くとこないし

ひとり家呑み、それもまた楽し ちょっと退屈。 毎週毎週3日間の休日があるわけだけれど、毎週毎週休日は家にいてどこへも出かけず誰にも会わず、そうして今年も半分終わったぞ。 今年はコロナのせいもあり、こういう人はたくさんいるだろうけれど、電話だっ…

歳をとって似合わなくなったもの? それどころじゃない

「雨の日も(の)お洒落」そんな昔もあったよね 今朝は雨だって聞いていたから、その雨音を子守歌に朝寝をしようと決め、やっと眠りについた午前2時過ぎ、が、すんごい雨音で、起こされた。 子守歌どころかすっかり覚醒してしまった。あーあ、雨の休日だと…

オバサン以上オバアサン未満

見ているだけで、イテテテテ 足の痛みは少し良くなってきたような、そうでないような、一進一退のような、なんだかよくわからないような。まっ、歩ける、それでいいじゃないか。 大体だね、この歳で20代の脚力期待してもね、それは身の程知らず、高望み、…

自分の外見、人の外見

「カワイイ」それで何でも許されるのね、アンタは “ ほかの人が自分をどう見てどう扱うかは、ほかならぬ自分によって決まるという点に気付くことだ。 自分がどのような人間に見られるかをコントロールできるのは、自分しかいないのだ ” と、非言語コミュニケ…

Y子様の独白

世界が私を待っているー。と思っている。 機をみるに敏、それが、ワ・タ・シ。だから、ある時は、「政界・渡り・鳥・子」なんて言われたこともあったけど、あったり前じゃないの、ヘンシーーーンはウルトラマンだけじゃないのよ。 変身、変化、変異、変容、…

加齢で明け、加齢で暮れる、コロナ梅雨

今は昔の雨もまた楽し 眠る前と起きる前に入念に足腰のストレッチとマッサージをする、それは明日も元気で歩けるように、そのためじゃ。 足はまだ痛い、原因は分かっている。20年ほど前に足を痛めてから、今日まで何度もこんな痛みを経験している。もう、…

ジッと手を見る、白魚のような『手』羨ましい

「手」気になるよね 腰の痛いのは治ったが、足はまだ痛い、痛い痛いと言って動かさないと、これまた体がカチンコチンになって動かすのに不自由となり、それを動かそうとすると痛みが大きくなったりすることもある。 でも、痛みがあると笑顔って出にくくなる…

老いと痛みが老体を駆け巡る

丈夫な足は財産じゃ 少し前に足が痛いと書いたが、昨夜、腰の左が痛くなり、今朝起きたら、腰から太もも、膝、足の裏、あちこち、ぜーーーんぶ、痛ーーーい、歩くのが怖いくらい。で、なぜかトイレ近し。 変だな、と思っていたら、足首から下がものすごく冷…

歳とっていた、今更ながらでコロナ梅雨

……………… 先日のラジオ番組で、 「自分のお小遣いで初めて買ったレコードは何だった? と訊こうと思ったけど、さすがに今の若い人に『レコード』はないだろう、と思って『(初めて買った)CD 』 は何? って訊いたら、CD も買わないんだね、今は。音楽はデータ…

頭のてっぺんでしょ、頭の後ろでしょ、それに襟足もだよ『頭髪』

あるがままじゃダメなの? 昨夜は、「久しぶりだね~」で、夫と口を効かない彼女と駅まで一緒に帰る。途中、居酒屋の誘惑にめげそうになったが、「もう少し我慢しよう」で意見が一致、この騒ぎが一段落したらパーッとササヤカにいきたいものだわよね。 中高…

夏とマスクとスッピンと

暑いし歳だしズボラだし 冬にマスクは一石二鳥どころじゃない効能効果がある? マスクで化粧の手抜きは時間の節約、女性にとってはありがたいお助けマンである。 マスクで老顔の半分を人に晒さずに済む、それは世のため人のためでもある。また、老人に情け容…

「その時」を考えさせられる「そんな歳」

想定外だよ人生は ご近所さんが亡くなった。入院されてたらしい、が、その後、退院され元気になったらしい、と数か月前にお隣さんに聞いたことがある。付き合いもなかったものだから退院前後のこともよく知らない。 それでも近所ということで、退院後に何度…

澄み切りたくてー? おばさんの白

靴くらい若くてもいいんじゃね 冬は去ってもコロナは居座り梅雨間近のはっきりしない天候に、おばさんの気は晴れない、それに追い打ちをかけるのが先週から続いている足の痛みだ。 足が痛けりゃ、靴を買う、今や、スニーカーに夢中のおばさんである。夏だか…

自分の顔、でも、その顔は見たくないのだ

もうナルちゃんじゃいられない コロナ自粛で仕事も学校の授業も飲み会もオンラインで、とは便利な世の中になったものだ。ではありますが、あたしゃー、嫌だよ。 でも、仕事なら、嫌もへったくれもない、仕事がある、で、満員電車に乗らなくていい、それだけ…

きれいな人のはず、なのに・顔

そのお顔、迫力ありまっせ コロナ休業から店が開き出して、あの『シニアのきれいな店員さん』の以前と変わらぬ元気そうなお顔をまた見ることができ、安心しました。この人の笑顔、それがたとえ営業用スマイルであっても、こちらの気分も明るくなる、スゴイね…

オバサンな足首でも

プクプクした赤ちゃんの手首、足首はカワイイが… 就寝時間は若者的に午前1時過ぎ、けれど目覚めの時間は年寄りそのもの5時、6時。ああ、眠い、怠い、でもいいの、今日は休みだから。そんなこんなで休日はダルダル締まりなくあっという間に終わってしまう…

オバサンだからこそ、カワイイは永遠なのだ

寝る前に読む本がなくなって久しい。なので古い本を探しまた開くという今日この頃。するとページの間から栞がわりに使っていたと思われる、こんなものが出てきた。 “カワイイ”という美学、“ロマンティック”よ、永遠に。だって。 「カワイイ」も「ロマンティ…

群れたらいかん、オバンは

全然、人恋しくない 街に人が出てきましたよ、若者に交じってシニア層も、「大丈夫ですかー? その歳で」……でも、それはコダマとなって自分に返ってきた。 おっさん、おばさん、年寄りグループ、歳が近いものだから、将来の自分の姿でもあるものだから、どう…

心配だ心配だ心配だ

どうなっちゃうのかね それにしても、心配だ心配だ心配だ、緊急事態宣言、解除が。待てど暮らせどワクチンはウィルスの変異に追いつかず間に合わず作られず、ウィルスはより凶悪化、猛毒化し……なんてことを、考えずにいられない、我は免疫力の落ちた高齢者で…

老婆心がしゃしゃり出て

エー、ウッソ―、言葉がなくても 「老婆の心は母心、押せば出る出る要らぬお世話が」 「老婆の心がしゃしゃり出て~サンバに合わせて踊りだす」 www.manamemo.com 同僚はこの娘さんのことで今も頭を痛めているようだが、この娘だけでなく下の娘のことでも色々…

だから言ったじゃないの・自称マスク評論家は見た!

「時のモノ」「マスク」がこんなことになるなんて マスクを店頭で見かけるようになりました、しかし、まだまだ、高い、買う気失せる。また、由緒なきマスクが値崩れを起こしている? そうでしょう、そうでしょ、だから言ったじゃないの、焦って買うんじゃな…

誘いを断り、30年前の体重と出会う

あれもそれもこれも、みーんな思い出 今日もですね、先日の牡丹寺訪問の2ババに誘われましたの。今回は植物園? だそうです。で、参加者一人増えたそうです。 で、出発が、午後4時ー。だめだだめだ、4時なんて、最低でも往復2時間以上かかるんでないの …

この歳なれば、オバサン化より気になるのは

相合傘 そんな昔もあったよね おばさん化する人としない人の違いは年齢じゃない? オバサン化する人、その中に、人にガムやアメを渡す、だって。そうでしょ、そうでしょ、オバサンの袋の中には必ず飴が入っているのだ、それがオバサンだ、と確信していた若き…

家コモリ中にグレイへアを完成させる?…うーん…

たまには「鏡」見た方がいいよ イギリスのジョンソン首相はなんだってああいつも掻きむしったようなボサボサ頭をしているのか? そしてトランプ大統領、北のあのお方、共通点は髪型が摩訶不思議、奇妙奇天烈。それは「ヘアスタイルは自己主張だー」男だって…

他人(ひと)と同じはイヤなんだー

夢ねぇ…今じゃ、寝てる間だけのもの 世界的な家籠りで世界的にアルコールの(飲料)消費量が増えている。そうでしょう、そうでしょう、なるほど納得、人間だもん、生き物だもん、起きて飲んで食って出して寝る。この基本的営みは国も人種も関係ないざんす。 …