あんたに言われたくない

あなたのためだから

せわしない人

買い物は楽しい。しかーし… 今日はモウヒトリサンに誘われて、ちょっと遠くのスーパーへ行った。そこは価格的に少しお高いが魚や肉の品質が良い、と言われている。 車じゃないとこのスーパーには来られない。だから車がないオババにとってこのスーパーは久し…

年寄りの心も和らぐ感じのいい人! 見習おう!

心を和らげてくれるモノ、コト、ヒト…ヒトが遠ざかる? 遠ざけてる? 仕事辞めたでしょ、コロナでしょ、脚が痛いでしょ、だから外に出ることがめっきり減ってしまった年寄りです。でも脚の調子が少しでもいい時は外に出よう、と思います。 ところがそんな時…

友達じゃ、ありませんけど(アア、メンドクサ)

年寄りボッチの日常は「ひとりトーク」で明け暮れる 「ライン?」 必要性を感じない。だって、友達いないし子供いないし繋がりたい人いないし、で、笑われた。 そんなことを以前どこかに書きましたが、そんな年寄りボッチのワタシがですね、「ライン」使う(…

たられば…

ヒトゴトでは、なくなった “ 注意一秒怪我一生 ” まさにこれなんです、ワタシの今の下肢の痛みは。今さら言っても詮無いことではありますが、しかーし、それでもですね……。 あの日、あの時に戻れたら……たられば後悔てんこ盛り、「たられば」は脚の怪我だけじ…

加齢は深まる。身体不具合・不調・不眠日記

「オードリー月間」? 傘ひとつでも気分は変わる さーて、さーて、ヨッコラショのドッコイショ……どれだけ掛け声かけたって腰が上がらない、体が動かない。だって、だって心は重いし、動くとあちこち痛いんだもん。 仕事を辞めて9ヶ月、加齢もそれだけ進んだ…

ありがとうございます! さ~~~~~て……

懐かしくて懐かしくて… 雨は降るわ、寒いわ、暗いわ、歳はとるわ、脚は痛いわ、5月になっているわ、耳にする目にするあれそれこれも、はぁ~、なのだわ。 ほんのちょっとの休憩のつもりが、ウッソー、1ヶ月か? ……うーん、何と申しましょうか、これだけサ…

今年もまた、20年着続けるシャツ

夏は、そのシャツとアイスがあれば 今日もお暑うございました。ということで今年も例年通り、いつもの一番のお気に入り綿シャツを引っ張りだした。 毎年、毎年、初夏から秋口までそのシャツを着続け早20年。夏の強烈な日差しにも負けず、何百回? 何千回?…

「文句の多い人」ワタシが? ですか?

文句でも意見でもなく、うーん、もやもやが… 今じゃ、文句を聞く、聞ける、聞かされる人となった私ですが、かってそうではなかったようなのです。あれは30年ほど前のある夜、とある店で呑んでいた時のこと。その店には週1だか月1だかで占い師さんがやっ…

文句ばかり言う人、文句ばかり聞く人

「大丈夫ダイジョウブ」そう言ってもらえたら 暑かったですね。で、昨日の草むしりから一夜明け脚の痛みはどうなったか? はい、案の定、足首から腰まで全ての筋肉は隈なくもれなくカチンコチン痛いです。 痛みがあると眉間にシワ寄っちゃいますね、痛みのた…

何よりかにより体だ体だ体だ!

筋肉あればこそ 4月1日から今日まで毎日ブログを更新、自分で自分を褒めてあげよう。で、ふと思った。オバサンが書くオバサンブログとはいえ、最近は特に年寄りくさくなった、そんな感じがする。 オバサンだったワタシはオバアサンになってきたせいなのか…

うーん、ちょっと後悔してるかな?

たまには「あー」大声出すのもいいわよ 最近は時計を見ては、この時間には職場ではああしてた、こうしてた、みんなどうしているかな、そんなことばかり考えてしまう。 仕事に行かない生活は、ラクと言えばラク、でもでもでも……。そして今更ながら趣味も何に…

不機嫌顔のご近所さん

笑顔は七難隠す! とりあえず今日も歩いた。昨夜、寝る前にちょっと体をひねった時、痛みの震源地である右脚の付け根もねじれたのか痛痛痛となって今日は右膝まで痛くなっていた。 ずーと脚の痛みが続いているため左右の大殿筋までがコッリコリとなってこち…

もうしばらく10年ほどは? この歳のままで生きよう? 

どんなに眠くても、体の手入れは大事だよ。 この歳のまま、歳を忘れ、この先10年ほどを生きて行きたい。オババの今後の10年計画ね、図々しい? 身の程知らず? でも、今は、まぁ、そんな気持ち。 この先、この老体に何が起こるかわかりませんが、それを…

たったひと言「ありがとう」って言えたらいいのに

いくつになっても、素直になれない時がある。 2日間続いた雨がやみ、お日様が顔を出した。冷たい雨の後のお日様はなんかすごく有難く感動的だ。 雨も雲もお日様も長く続けば文句ばかり言ってしまうけど、あって当たり前は、無くなった時にその有難みがわか…

何でそういうこと訊くかな言うかな…悪気はなかった? 

ヒトゴトだけどモヤモヤ、で、ワタシが怒ってどうなる? 昨日と今日としっかり雨だった。暗い寒い動かない、だからお腹も空かない、だったら何も食べなくていいか? でも、生きているからね、空かないと思っても空いてくる。で、お昼には、簡単、便利なカッ…

体重が7キロも増えていた

心の若さをお忘れなく! 花見は昨日でよかったね、今日は冷たい雨になってしまったもの。桜はあっという間に開花して儚くも見事に散っていく。 オババはズルズル無様に生きながらえて、うーん、この先どうなっていくのか? まぁ、そんなことは考えてもしょう…

74歳・女性・お金…その使いっぷりに天晴れ、呆れ…

人生は途中で降りられないジェットコースター、ならばそのスリルを… 行ってきましたよ、お花見。本日はランチ無し、日差しを考え帽子を着用、それにマスク、それにこの歳、ならば顔なんかどうでもいいか? 冗談じゃない、歳はとってもそれなりにそれなりの顔…

「人付き合い」誘われるうちが華、かもしれないけど…

あーあ、やってらんね、人間の御機嫌取りはメンドクセ 今日は4月1日、もう、4月、今更だけど、で、はぁ~。 空はこんなに青いのに……そうでもないか? 花も色とりどりに咲き出したというのに、なぜか年寄りの心は晴れず花も咲かず、代わりに黒い雲がいっぱ…

健康? 問題なし? 加齢の功名? 加齢のせい?

健康的生活と健康と寿命は必ずしも一致しないんだな 加齢に健康、そして痛い痛い話は今日も続きます、毎度、毎度、しつこいワタシです。で、今日は月1から1ヶ月半に1回となった病院の付き添いへ。 本日は7ヶ月ぶりにちょっと他の検査が入りました、で、結…

「加齢の重み」つい、この間は、もう、20年前

50年も、過ぎてしまえば、あっという間 ■60歳頃からオートファジーの働きは低下 多様な働きを担うオートファジーだが、その働きは加齢とともに低下すると考えられている。「恐らく、オートファジーは60代ぐらいを越えると急速にその働きが低下する。各種の…

60代も、前期・中期・後期、うーん、どこにするかな

「健康」も「歩ける」も当たり前じゃなかったのね 59歳まで、健康診断ではどこも引っかかるところなく、いつも問題なしの A 判定でありました。 ワタシに限って、そんなの当たり前でしょ。自分でも健康には絶対的? と言っていいほどの自信がありました。 …

「(料理は)務めだと思ってやっている」…エライ!

“ボク食べる人、ワタシ作る人”が、問題となったコマーシャルがあった 今度の休日には何を食べよう、何を作ろう……仕事に行っていた時はそうやって料理を考える、作るのが休日の愉しみだった。 ところが毎日が休日となって8ヶ月も経った今、それは愉しみでな…

一緒にするな。食べて怒って今日も1日終わって行く

「写真とらせていただいてもよろしいですか?」すると、こんな顔をされた。 3月25日金曜日、今日を一言で表すと、タイトルそのまんま、以上、おわり。そんな感じ、マンボウ明けても年寄りの生活に変わりはない。 変化したーい、それは待っていてもやって…

他人(ひと)は、いつも勝手なことを言ってくれる

見た目でナメたらアカン! 年寄りだって年寄りだって! 「えー、意外、そういう人だと思わなかった」 なんて言われたことありませんか? そんなこと言われたら、逆にこっちが、えー、であります。だったらワタシのことどんな人間だと思っていたわけ? 今日も…

なんて意地悪な人、第一印象は当てになるのか?

だらしない? 見た目で判断しないでね アナタは、人の好き嫌いがハッキリしている方ですか? ワタシ? そうですね、はっきりしている方だと思います。また人の好き嫌いは一目会った時、第一印象でほとんど決まります、それはこの歳になってもそう変わりあり…

会いたくないので、そのご近所さん

ぶちゃい! かわいい! 3回目のワクチン接種をためらっているうちにマンボウが明けるようです。マンボウ明けたら行楽シーズン、年寄りはまたまた要注意です。 外へ出たい―、とはいっても毎度おなじみマンネリ化したご近所散歩であります。見慣れ見飽きた風…

アラ70、母は強し「親と子」

“ 老いては子に従え ” いつかそんな日は来るけれど… アラ70夫婦のもとへ、やっと結婚してやっと家を出て行ったと思った子供が「病気」のため戻ってきた。 夫婦は共にアラ70で子供と一緒にこれから闘病生活が始まる。アラ70とはいえ今のところ夫も妻も…

お見事! まっ白髪!

その人は、真っ白ふっわふわもしゃもしゃ頭に、こんな色合いの服でした じぃーーーーーっと手を観る。手も歳をとったものだと思う、しかーし、爪だけは違う。加齢により縦すじは増えたけれど、その新陳代謝には目を見張るものがある? 切っても切ってもあっ…

いいじゃないの。アラ70母と息子の嫁…あと10年もしたら

それがどうした、それがなんだ、ガタガタ言うな 雨降ったりやんだり、空気冷たい、窓を開け深呼吸、ああ、気持ちがいい。 アラ70でひとり暮らしとなった母は息子の嫁に大層怒っている。その嫁は、困った時だけ2人の孫をつれ義母の家に押しかけて、仕事に…

自分の加齢は棚に上げ…その歳で、まだ気にする

今やスマホで自撮りは自虐趣味、ガマの油 春だというのに痛い話ばかり続くと落ち込んでしまう、加齢だって進みそう、老人性鬱にだってなりそう、だったら老人よ外に出よ「痛くても歩かなにゃいかんのよ」。 左脚の痛みは1週間前よりは良くなったと思う。と…