あんたに言われたくない

あなたのためだから

「歳より、老けて見える」それは自分に返ってくる

それもこれも全ては歳のせいなのよ。こんなに歳をとっちゃって、すっかり婆になっちゃって。はいはい、アンタに言われなくても、充分、嫌というほどわかっておりますですよ、年寄りだってことは。 でも、それを赤の他人に言われると何だかおもしろくない。ま…

おばさんの花金は

まいったな。大きな堪忍袋がまた必要ですよ。仕事の関係でこれから毎週金曜日は「私の堪忍袋の緒を切ってくれた A 」と顔を合わせるようになる。まぁ、一緒に仕事をするわけではないので出会ったところで互いに無視、無視、無関係の関係が続くだけ、ですが。…

おばちゃんは負けたくない

今月は仕事時間が変則的となり今日は休日となる。気温が下がってきたせいか以前よりすこし眠れるようになってきたような気がする。よく眠れると気分も多少はアップしてくるような……気分がアップすれば足取りも少しは軽く速度も上がるような。 昨夜、仕事を終…

気分が沈めば顔の肉も下がるから

晩秋の夕暮れ、人生の秋、沈みこむような気分に陥っても、いっそのこと冬になっちゃえばいいのだわね、真冬に。あっという間に陽は沈み真っ暗、寒い、寒い、寒すぎて感傷に浸ってなんかいられない、ああ、早く帰ろう。 で、ピシャリと戸を閉めて炬燵に入って…

みんな、どうしているのかな

なんか元気がでない、毎年、この時季はどうにも気分が落ち込んでいけない。面倒は人付き合いはごめんだけれど、この時季だけはちょっぴり人肌恋しい、そんな気持ちになったりして。 仕事帰りに『シニアのきれいな店員さん』のいる店の前を通ってみた。やはり…

手芸おばさんの落胆と言い分

久しぶりに針仕事大好きおばさんから電話がありましたよ。これは日暮里・繊維街へのお誘いか? 出歩くにはいい日よりが続いておりますから、多分、そうに違いありません。 www.manamemo.com けれども、最近は、全くとい言っていいほど針仕事はしていない、ら…

ビリッバリッ、堪忍袋の緒が切れた

堪忍袋の緒が切れる:我慢できる許容量を超えて、怒りが爆発すること。 実はですね、最近、堪忍袋の緒が切れてしまったことがありましてね、職場で、ある人に対して。 普段の人付き合い、職場ではめったに怒らない、多少の怒りは覚えてもそれを表に出すこと…

老眼鏡の目力

「パック」使ってみました。乾いたこの加齢肌にその効果のほどは? ……うーん、そんな感じ、でもせっかくだから無くなるまで使ってみましょ。 金曜日、でも仕事で花金飲み会は無し。12時間ぶりに帰宅すると、すぐに炬燵に入る。と、もう動けない、足が温ま…

歳をとると失われるもの

“ 老化とは乾燥への過程である ” アリストテレス 今月は諸般の事情により出勤日、勤労時間が大幅に変わり今日は家で仕事、それに飽きるとそばに置いてある手鏡を手に取り自分の顔を視る、老眼鏡と拡大鏡を使って冷静に、ジーッと。 気温が下がり湿度が下がっ…

「測定不可能」 安物だって役に立っているんです

仕事帰りに眼鏡売り場をのぞく。リーズナブルな価格で全国展開している眼鏡屋さんだ。値段が手頃だといっても妥協はしない、先ずはデザインだ。どれも今一つではあるが贅沢も言えない、で、そこそこ気に入ったものを選び鏡の前で試着してみるが、 ……見えない…

ピンク夫人とその夫

ピンク ── ピンクって、色だけでなく、言葉の響きがいい、破裂音の「ピ」がいいんだわね。で、ピンクといえば必ず思い出す人がいる。それはピンク大大大好きピンク夫人だ。 当時、私は50手前、ピンク夫人は50ちょっと過ぎ。色白のこの人にはピンクが似合…

色も問題。黒、茶、灰色は老衰を早める? 

若い時は黒い服ばかり着ていた、今思えば一生分着てしまったような気さえする。「黒」の次に好きな色は「赤」と、はっきりした色が好きで、似合うと思っていた。また、布としての柄物は好きなものがたくさんあるけれど、でも服となるとほとんど着たことがな…

シンプルが1番

「快食・快眠・快便」いきなりですが人生これに尽きる。歳をとってきたらなおさらのことそう思う、私の場合は何はなくとも快眠が1番ですが。 寝不足続きだった昨日は食欲もなく、どこがどうというのではないけれど体の具合が優れなかった。仕事の途中で倒れ…

リタイア父さん、田舎に家を買い、息子の怒りを買う

// 昨日はたくさん仕事をした。明日もたくさん仕事をする、だから、ごり押し合意の上で今日は休みをとった。平日の休みもいいものだ、天気もいいし散歩がてら買い物へ。 いつものスーパーで近所のシニア奥さんと出会う。出会ってしまったからには仕方ない、…

雨にも風にも負けない、おばさんの元気さ逞しさ

// 今日も冷たい雨が降っていた。先週の金曜日ほどの激しい降りでなくホッとする。 先週の金曜日、ホームで電車で待っているとすぐそばにシニア女性がいた。この人も、こんな風雨の激しいなか、出かけなければならないなんて……お互い大変よね、ご苦労様、な…

料理しないにも程がある?

寒くなってくると温かいものが食べたくなる。なので休日は必ず煮物をつくるようになった。多目に作っておけば次の日も食べられるし、寒い夜、食卓に温かい食べ物があると気持ちまでほっこりする。 料理をするには「火」が必要だ。料理はしなくたって「火」を…

年上妻の涙

// 高齢の妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、福島県警郡山署は27日、同県郡山市神明(しんめい)町、無職深谷文幸容疑者(63)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。妻は病院に搬送された後に死亡。同署は殺人容疑で調べている。 発表によると、深谷容…

加齢とお洒落とお金と

// 昨日は大変だった、大雨の中、職場まで時間がかかる、かかる、時間がかかればお腹も空く、お腹が空けば外食、買い食い、お金がどんどん出ていく。帰宅時の買い物はほとんどヤケッパチ気味、そんな金曜日でありました。で、疲れました。 大雨でなくても出…

私としては、「若い人」より「おばさん」がいい

// 今月に入ってから 2 6 歳の新人さんの研修を任せられた私は、彼女が辞めないように、長続きするように、気を遣い、言葉を選び、体を使い? 無い頭を駆使し腫れ物に触るように接してきたつもりですが、ああ、それなのに、それなのに、おばさんの心、娘知ら…

最低限の会話でも、あるだけまし?

// 仕事帰りに夫と口を利かない彼女とちょっと久しぶりにお茶を飲む。すると、最近、夫と少し話をしたらしい。話とは言っても壊れた雨どいの修理に関することで、話が終わればさっさと口を閉じ、また別居生活にもどったらしいけど。 でも、それでもいいじゃ…

肌寒い秋の午後、自己満ひとりファッションショー

暗い、寒い、暇である。外へ出る気もせず鬱々と……で何を思ったか、そうだベレー帽をかぶってみよう、と探してみるが例によって探し物は見つからない。 探し物 ── 時間がかかると、そのうち何を探しているのかわからなくなってしまうおばさんだ、そうなる前に…

「ひどい、70代は駄目なの?」 年齢で決めるな!

// 明日は仕事がお休み、なので今日は有給をとり土日月火と4 連休としました。ですが、やることはあってもその気にならず暇を持て余している私です。 秋晴れはどこに行ったのでしょうか、今日もどんよりと重い雲が垂れ込めて、なのに明日はまた雨が降るらし…

加齢なる記憶力・老いなる勘違い、思い込み

// 昨日書いた「その人」も自宅介護が始まれば、お洒落がどうだ、こうだと言ってられない生活になるのだろうけど、その気持ちだけは持ち続けてほしいものだ。華奢で小柄な人だけれど意思は強そうで会話からそれがうかがえる。 「自分が、もし、介護が必要な…

遠くて薄い心地いい関係

// 仕事に向かう駅で今年の夏ごろから週に1~3回ほど出会う同年代と思える女性がいる。私の乗る電車は朝のラッシュ時を過ぎた時間帯なのでプラットホームも電車もさほど混んではいない、だからよく見かける人の顔は覚えてしまう。 その人と同じ電車を待ち同…

減っていくのは、去っていくのは友達だけじゃなかったよ。髪よ、おまえもか

【スポンサーリンク】 // 髪は長ーーーい、友達。だったはずなのに、髪よ、おまえもか。 1本、2本、10本、100本、1000本と無言で私の前から去っていく。 裏切り者、もう友達なんかじゃない。 【スポンサーリンク】 // 昔から、秋は抜け毛の季節と聞いてはい…

人生いろいろ、やがて誰もいなくなった

懐メロ居酒屋? から今宵流れる曲は、カルメン・マキ『時には母のない子のように』でありました。 懐かしいわ、私この人好きだったのよ。子供心に彼女の暗い雰囲気に惹かれてね。45回転、ドーナツ版って言ったかしら、A面が『時に母のない子のように』で、B…

お洒落の秋はズボラな季節の始まり

今日は涼しいと言うより肌寒い、いや、肌寒いどころじゃない、寒い、指先がしびれてきた。今、ひざ掛けをしてこれを書いているシニアな私です。 秋本番ですわね、お洒落の季節でもありますわね。歳をとるにつれ秋が苦手になってきた私ですが、若い時は秋が実…

ペイもパーも興味ない、時代に逆らうおばさんです

恐怖の一夜が明け本日は晴天なり。普段はテレビを全くと言っていいほど見ない私ですがさすがに昨日は午後からテレビにくぎ付け、目が離せませんでした。 幸いこちらは停電も断水もなく自宅でテレビを見続けることができたわけですが、被災された方たちのこと…

匂いでも香りでも、臭いときは臭い

今日はお昼にラーメンを食べた。ラーメン屋のカウンターに座りまさに一口目のラーメンを口にしたとき、隣の席に若い女性が座った。その途端にラーメンの匂いがかき消され……なんか臭い、ラーメンが不味くなったと思った。 何? この匂いは? ……どうやら彼女の…

人生の秋に食欲の秋

楽しみの選択肢は年々狭まって今や飲み食いしてるときが幸せ。それもひとり家飲み、地味飯。 ほんと、最近、何が楽しいかな? 何がしたいかな? パッと思いつかないくらいだ。 でも家で飲み食いするのが幸せと思えるようになったら、料理がイヤでなくなって…