あんたに言われたくない

あなたのためだから

老体・老顔問題

うーん、なーんか…疲れたな

明るい話題はないものか? 待ちに待った冬休み、なのに、なーーーんか、今日も体調が今ひとつであります、気分も一向に上向かず弱りました。だいぶ良くなったとはいえ首の痛みはまだ続き、どうにもこうにも食欲がわきません、食べたいものもありません。 な…

“ センシティヴ ” そうも言えるが…

年寄りだって、だって キャッホー、オババは今日から1月4日まで冬休みですわよ。何の予定もありませんが嬉しいですね。で、お歳暮? クリスマスプレゼント? 何でもいいけど、缶ビアが24本届きましたですよ。でもこれはね自分で注文したんじゃないのよ、…

寄る年波の大波小波、望まないものばかり増えて

マスク時代。メーク手抜きは眉で勝負、若々しくね! 静かなる加齢暮らしオババはテレビで “ 静かなマスク会食 ” なるものを拝見させていただきましたよ。で、笑わせていただきましたよ。その感想は? デキの悪い「コント」……か? 笑うことがなくなってきた加…

キレイはいいわね。心までキレイになりそうよ

カワイイもいいわね。オババの心はかわいくなれないけど 痛痛痛、今日は腰だ、腰が痛い。痛みで、顔、歪んじゃう、シワだって増えちゃう。何てったって健康、この歳になるとそれに尽きる。と言い切れる。体だけでなく心の健康、心が元気、これも大事、でも維…

とりあえず今日を明日を生きていく

冬が来る前に小さな秋をいくつも楽しもう 歳をとりました、頭の中は成長もせず相変わらずですが、外見はといえば、30年前と、ううっ、……変わりました。世の中もすっかり変わりました、これからも変わり続け32歳男子の夢である老後の年金生活は果たして実…

体…いつもと違う…急に不安になる

食より服より健康じゃ 体調、今朝、起きた時はいつもと同じ、食欲もあり。朝食、いつも通り簡単に同じものを同じ量食べる。しばらくすると眠いような怠いような気分が悪いような、で、そのうち座っているのもしんどくなってきた。 でも我慢する、しばらく我…

自分の顔、飽きた。髪型、とっくに飽きている

どうよ、この見事なシルバーへア 自分の顔、飽きた、と思う日がある、と書いたことがある。でも、飽きるのは顔だけじゃありませんですね、髪型もそうでしょ、もう、飽きを通り越し、諦め? そんな段階かもしれません。今では顔より手間暇かかる面倒で厄介な…

太るのは、まだ若く元気な証拠?

健康が当たり前でなくなる日 2週間ほど前から咳がよく出る。昔から咳はよくしてた方だと思う、けれど、このご時世に年寄りの咳、何か嫌な感じ、人前で咳をするのが憚られる、でも咳を我慢すると倍返し3倍返しで余計ひどくなったりする。 ババアのコホン、…

加齢体は「コワレモノ・取り扱い注意」

相性ピタリの靴を見つけるのは夫探しより難しい? 夜中に1度も目覚めず7時間は眠れたように思う今日の朝。素晴らしい! これほど熟睡できたのは50年ぶりか?(嘘です)よく眠れたため、雨でも気分は上々、眠るには、やはり気温(室温)は低い方がいいの…

ぁ~あ、飽きたな…この顔、と思う朝

顔…飽きても取り換えることも捨てることもできないもの もうこの歳なれば、顔なんて首の上についてりゃいいじゃん、あるだけまし、つべこべ言うな、贅沢言うな。とも言えますが、何十年と見つめてきた自分の顔に、ある日、突然、訳もなく、ぁ~あ、もう飽き…

加齢体、おにぎりに負ける

食べるしか楽しみが無い…そんな人になりたくない、が… この前の4連休におにぎりを作り、先週の水曜日と木曜日に3個ずつ食べた。すごくおいしかった。でも木曜日の夜から胃が痛くなってきた。金曜日はもっと痛くなった、胃に加えお腹の右下辺りも痛くなって…

加齢とともに瞼の肉も去りぬ

アイメーク命 そんな時代もあったとな 体重が1年で4キロほど増えたと書いたことがある。で、今はどうなったかというと増減まるでなし、止まった、そんな感じ。 ところが体重に関係なく、いつの頃からか上瞼の脂肪が減り続け、今では、無くなってしまった、…

顔も大事、で、表情はうつる

若きイケメン猿 普段、自分の顔は見えないから、救われている部分ありますですね。自分の顔は棚に上げ、今日も人の顔を見て何思う? 人の顔見て我が顔直せ。 人の顔をじーっと観てしまう、だって顔にはその人の情報が満載されてますから、ですよ。40過ぎた…

夕闇に浮かぶ、おばさんの、なまっちろい脚

野良のミーちゃんに彼女?彼氏?ができたみたい? おばさんちょっと寂しい ミニマリストなぞ興味もなく、全然、臨んでもいないのにいつの間にやら生活は小さく小さくなっておりました。 小さくなった……それは身長、体重にまで及び、背は縮み、肉が落ち、これ…

オバサン以上オバアサン未満

見ているだけで、イテテテテ 足の痛みは少し良くなってきたような、そうでないような、一進一退のような、なんだかよくわからないような。まっ、歩ける、それでいいじゃないか。 大体だね、この歳で20代の脚力期待してもね、それは身の程知らず、高望み、…

加齢で明け、加齢で暮れる、コロナ梅雨

今は昔の雨もまた楽し 眠る前と起きる前に入念に足腰のストレッチとマッサージをする、それは明日も元気で歩けるように、そのためじゃ。 足はまだ痛い、原因は分かっている。20年ほど前に足を痛めてから、今日まで何度もこんな痛みを経験している。もう、…

ジッと手を見る、白魚のような『手』羨ましい

「手」気になるよね 腰の痛いのは治ったが、足はまだ痛い、痛い痛いと言って動かさないと、これまた体がカチンコチンになって動かすのに不自由となり、それを動かそうとすると痛みが大きくなったりすることもある。 でも、痛みがあると笑顔って出にくくなる…

老いと痛みが老体を駆け巡る

丈夫な足は財産じゃ 少し前に足が痛いと書いたが、昨夜、腰の左が痛くなり、今朝起きたら、腰から太もも、膝、足の裏、あちこち、ぜーーーんぶ、痛ーーーい、歩くのが怖いくらい。で、なぜかトイレ近し。 変だな、と思っていたら、足首から下がものすごく冷…

自分の顔、でも、その顔は見たくないのだ

もうナルちゃんじゃいられない コロナ自粛で仕事も学校の授業も飲み会もオンラインで、とは便利な世の中になったものだ。ではありますが、あたしゃー、嫌だよ。 でも、仕事なら、嫌もへったくれもない、仕事がある、で、満員電車に乗らなくていい、それだけ…

オバサンな足首でも

プクプクした赤ちゃんの手首、足首はカワイイが… 就寝時間は若者的に午前1時過ぎ、けれど目覚めの時間は年寄りそのもの5時、6時。ああ、眠い、怠い、でもいいの、今日は休みだから。そんなこんなで休日はダルダル締まりなくあっという間に終わってしまう…

思い出すだけ、マシ? まだら老化脳の厄介さ

『時』お前にはわからんだろうな ガムテープメガネにもすっかり慣れ違和感もない。だから今もそれをかけ、これを書いておりますです、はい。でも、かけたり外したりしているうちに、ガムテープ部分が緩んでくるんですね。でも、大丈夫、また張り替えればいい…

「3ババ」と「コロナ」と「60歳以上の高齢者」で、もう、聞きたくないよ

心配無用! ただ、眠いだけ! 昨日ブログをアップしてすぐ、ボラ友から電話あり。断る理由も思いつかぬまま、結局、牡丹寺に行ってきましたです、はい。『能天気? 大丈夫ですかー』のお隣さんも一緒に、予定通り3ババ枯れ花で。 牡丹はすでに盛りをすぎて…

「やだ、年寄りみたい」みたいぃぃいいー?

手? 物を掴めれば、それでいいじゃないか 若い時から乾燥肌の私。でも乾燥肌ゆえ、肌理は細かい。肌きれいね、つるりん、ゆで卵みたい。若い時はよくそう言われたものじゃった。(ほんとか) 最近だって、(年寄りの言う『最近』『この前』『こないだ』は1…

加齢、高齢、耳にタコ

星に願いを 驚き桃の木山椒の木、「あきれ夫人」は「呆れた」を通り越し、凡人の想定外をはるかに超えたそこのけ底抜け天下無敵の58歳。能天気にもほどがある? でも、これが元気、の秘訣なのかしら? あの写真の笑顔を見たら、つい、こちらも笑ってしまっ…

知人の老い

せめて年相応を目指そう…寂しいー 先週金曜日から月曜日まで4連休だった私は暇を持て余しておりましたが、最近、茶髪にしたご近所さんのお誘いで土曜日に散歩兼ランチをしてきました。 www.manamemo.com この日、茶髪さんは顔は塗ってないようでしたがマス…

年寄りとしては、この緩さが逆に怖い

年寄りには通用しないよ 今回の騒ぎで、手を洗え、消毒しろ、で、その結果、手荒れ、かぶれで皮膚科に駆け込む人、急増中……さもありなん。それでなくても加齢で枯れた肌に、石鹸、洗剤、アルコール消毒は要注意。 脚なんか、太かろうが短かろうが、今や歩け…

後は寝るだけ…それが問題

熟睡は夢だ 今日も朝から眠い、書かないことが当たり前となりつつある今日この頃。書いてるうちに怠くなる、眠くなる、そのうちどうでもよくなる、で、やーめた、こうして尻切れトンボブログが溜まっていく。 寝不足は続くよ、いつまでも、これも歳のせいよ…

60の壁、おばさんだってキレイになりたい、でも、でも、でも…

顔? 首の上についていればいいじゃん 今日は休日だけれどちょっと用事があって出かけた、だから化粧をしたわけだけれど、で、化粧するとき毎回思う。鬱陶しい目障りなこのシミ、ここのシミ、そこのシミ、顔に散らばるシミシミシミ、それらが全部消えたら、…

顔の大きさよりも… 仕事に行くためいつもの電車に乗った。普通席は座れそうにない、優先席が空いてたので躊躇なく座る。向かいの優先席には20そこそこといった若い娘が座った。次の駅で白髪頭の高齢女性が乗車し、若い娘の前に来る、すると若い娘、さっと…

「60歳」「女性」& 白髪

見えているのは努力の結果の、ほんの一部 今日は仕事の夢で3回も起きてしまった。もうほとんど覚えていないが、夫と口を効かない彼女が出てきた場面はなぜかはっきり覚えている。妙に現実的だったので彼女にこのことについて訊いてみたい、と思ったが、言え…