あんたに言われたくない

あなたのためだから

加齢なる日々

「えーーー」…だから何? なくて七癖

怖いもの知らずの若者が、怖い 仕事に行く日はテレビは全く見ない。でも、休日はまだ外が明るいうちから早目の晩酌、晩酌のアテは口からだけでなく、目からテレビのニュースも外せない。これがババアになった休日の夕げ、晩酌はささやかな贅沢、愉しみだ。 …

性分だもん

見た目そっくりでも 今日のような日を花曇りというのか、で、明日は花冷えどころでなく冬再来、雪が降るかもしれない? 暗いくらい、花曇りで部屋の中が暗い。 暗いのは部屋の中だけじゃない、春なのに~、何だか暗いニュースばかりで心まで陰ってきちゃう、…

「秘密」あればあったで、なければないで

人間だもの、色々あらーな もし、コロナに感染したことが決定となれば、発症2週間前後の訪問先や行動内容、同行者などの情報を尋ねられ、それに答えなければならない。 これが感染拡大防止に重要な役割を果たし、これを「積極的疫学調査」という、らしい。…

カリカリモヤモヤハラハラおばさんの神経は休まらない

人混みが怖い 今日から4連休、ちょっと嬉しい、かなり嬉しい。昨夜は久しぶりに夫と口を効かない彼女と仕事帰りにお茶をする。ちょいと一杯はこの新コロ騒ぎが治まるまでお預けとなった。 この騒ぎで彼女の夫は以前にもまして外出しなくなったようだ。同じ…

老いが、ちまちま節約を一瞬に吹き飛ばす

消えいくモノ 今日は月曜日、だから仕事には行かない。で、休みの日は晩酌をする、晩酌は今や友達もいない外呑みもなくなったババアのささやかな愉しみのひとつだ。 が、その肝心の酒がない、だから、買いに行きたい、が、外はガイコツババアが吹き飛ばされ…

おばさんは「女性じゃない」? …なーんか、おもしろくない

春だというのにさえないワン あくまで今のところではありますが、インフルもコロナにも感染せず? 無事? 電車通勤しております。職場では先週から出勤前に検温、出勤したらそれを記録、もし37.5度以上であれば、出社するな、そういうことになりました。 な…

おばさん客2人とおばさん店主のまさかの人生と

想定外の春がやってきた 不要不急の外出は避けるべき、でも、人混みでなければ、まぁ、いいか、ということで昨日は住まいから歩いて行ける店へボランティア友人? の案内で行ってきましたよ。 私は初めて、ボラ友(ボランティア友人?)は久しぶり、という店…

騒がしい高齢者、お騒がせ高齢者

自分の寿命がわかったら 連休明け、仕事に向かう気力下がりっぱなし。ああ、それなのに、ゲゲゲ、途中駅から高齢者が団体で乗車してきましたよ、これは車両を移らなくてはどうにもならん。後に? 前に? しかし時すでに遅し、あっという間に取り囲まれてしま…

マスク色々事情

猫も杓子も さてさて何を書けばいいのやら、久しぶりだと調子が外れてしまうものだわね。しかし、それにしても巷ではすごいことになっておりますですね、新型コロナウィルスと店頭から消えたマスク。 これを好機と捉えネットでマスクを転売する輩の存在に呆…

「ご苦労様」…うーん、そう言われてもね…

雪でなく雨でよかった。しかし寒かった、でも清々しい気持ちがいい、深呼吸したくなるほどだ。冬が好きという人の気持ちが少しわかるような気がしたそんな朝。 いつも通り駅へ向かう、ほんの少し行ったところで後ろから1台の車が私の横で止まった。車は、極…

加齢時間

時間よ止まれ! 加齢をかっ飛ばせ! 昨日も今日も明日も仕事は休み、お正月から休んでばかりいるような気がする。今年から週4勤務にしたら週5勤務の時より週末が来るのが速いように感じる。週5勤務は1週間が長かった、水曜日には中だるみで疲労を覚え、…

爆睡

眠るは最高 週末も睡眠不足が続き昨夜は晩酌グビグビ後、気絶したような感じで寝落ちしたらしい。で、目が覚めたら炬燵の中、日付は変わっていて午前3時、エエッ、ウッソ― であります。いつ寝たのだろうか? まったく記憶がない、完全記憶喪失、思い出せな…

気分も気温も三寒四温

春になったら… これからが冬本番なのかもしれないけれど、寒さのことは置いといて、日が長くなった、これが嬉しい、気持ちまで明るくなってしまう人生の秋を生きるおばさんだ。 春がそぐそこまできている。春は再生の季節だもの、おばさんだって気持ち新たに…

自棄になっちゃいけないよ

呑んでないで働け 今朝、駅に向かって歩いていると前方に救急車が止まっているのが見えた、この家だ。 www.manamemo.com 庭は今も枯れた草で埋まりそこにゴミが散乱しているが、ゴミは去年の秋からさほど増えていない、ような? 空になった焼酎のペットボト…

新年初の花金は…暗く低く

何を思う? 今日は成人の日? 1月15日でなくなったのね、成人式を3回も過ぎたおばさんはそれを知ったところで、ふぅ~ん、ただそれだけ。 先週から仕事が始まったが火曜日からの出勤となった私はたった4日間しか働いていない。だから花金でもないけれど…

見たまんま? ほんわか店員さんと眉毛キリッ店員さん

職場にはカメレオン女もいる 今日のお昼は、早い、安い、味は値段に値段は味に反映という店で節約飯。ここには、シニアのちょっときれいなほんわか店員さんと、眉毛キリッ、動作もキビキビとした若い女性店員さんがいる。 他にも店員さんはいるけれど、私は…

正月ぼっちの加齢なる元旦

変化がないのは… ブログ村、昨日のマイ・ブログのタイトル「上げ膳据え膳」それろも、れろれろ、らりるれろ、頭ヨレヨレ、最後の最後まで締まらないったらない、失礼いたしました。 とは言え、新しい年の幕開けです。元旦にふさわしい穏やかに晴れ渡った空で…

「上げ膳据え膳」「イタリア」それより「亭主達者で留守がいい」?

ちょっと早いですが あともう少しで、年が明ける。12時、すると遠くから除夜の鐘が、ゴーーーン。こんな世俗の垢にまみれたおばさんでも、この時ばかりはこのゴーンが心にジーンと染み入り厳粛な気持ちになったりする。と同時に、いろんな思いが去来する。…

来年も働く、再来年も、それからもずーと、働き続けたい

夢? うーん、ピンピンコロリかな 年末ということでとりあえず、今年の反省? うーん、ほぼ毎日が反省ばかり、そんな日々を送ってきたので1年単位では特になし。 来年の目標? もう、それもなし。贅沢は言わない、健康で身体が思うように動けばそれでいい。…

ぼっちおばさん世間の逆を行く

あと1日じゃ、今年も無事生きながらえることができたようです。とりあえず、めでたし! 今日、駅へと向かう途中、近所の少し年上の奥さんと出会う。お正月も近いので美容院へ、カットとヘアダイに行くのだと言う。暮れも押し詰まってくると美容院が混むらし…

暮れの「ぼっち」は寒さもひとしお

クリスマスか、枯れボッチには全くの他人事であります。 でも「クリぼっち」は言葉の響きが、なんか可愛らしい。ばあさんが「クリぼっち」なんて言っても全然似合わない、誰も耳を傾けてくれない。 「ぼっちシニア」「シニアぼっち」は、クリスマスだけでな…

贈る相手も、贈られる相手もいない

今日は巷ではクリスマスイブだったのね。店頭にはケーキだのチキンだの寿司の詰め合わせのだのピザだのが並んでおりました。 小さな子供や孫がいればクリスマスプレゼントも用意しなくてはならないのかな。子供だけでなく恋人同士もそうなのかな。 バブル時…

こんな加齢なる日々でも

「かれいなる」を変換すると「華麗なる」と出る。華麗と加齢、うーん、考えさせられる。「華麗」とは無縁なる日々を送るおばさんは、そんなブルジョア的ゴージャスな暮らし、うーーーん、憧れるな、でも、ちょっと疲れそう、面倒くさそう、とも思う。 しかし…

心の老化対策? …それがストレス

だいぶ前に『人は感情から老化する』という本が出版され、私も読んだ記憶がある。と思う……が、それも不確か、覚えちゃいない、ということは、中身はすっかり忘れているということだ。 昨日? もネットで、おしゃれする気が起きないのは「心の老化」が原因、…

夫婦でもひとり、独り者もひとり、さて正月は

♪ もういくつ寝ると お正月 ♪ 今年もあと10日ほどで終わる。子供のころは本当にお正月が待ち遠しかった。今とは違って本当にお正月はお正月らしかった。今じゃ除夜の鐘も「うるさい」と文句を言ってくる人がいるらしい。 大人になったら正月そのものより冬…

おっとりした人間になりたい

なんでこうなった? 最近は、早口、早飯、早足、そんなに急いでどこ行くの? ……あの世か? なんて思う時がままある。 しかし、せっかちになっても、頭と体がバラバラアンバランスなものだから、せっかちのせいで、うっかり、せっかちなくせに、ぼんやり、で…

シニア4人、盛り上がる話といえば

始発駅を出た電車がだいぶ空いてきた頃、私の前に男性1人と女性3人のシニアグループが座っておりました。コートを着ているので確かなことは分かりませんがコートから出た服の色が皆さん真っ黒、で、同じ袋をお持ちになっていたので葬式? 告別式? の帰り…

誰かのために料理、家事…できないよー

なんでこう毎日、時間に追われているのだろうか、と思う。でも、待てよ、と考える。私なんか忙しいと言ったって、仕事以外は全て自分の時間。料理は平日は全くしない、掃除洗濯も似たようなもの。それなのに、忙しいとはこれ如何に、それは、ただ単に時間の…

動作の鈍いせっかちな年寄りにはなりたくない、が…

最近、自分の話す速度が上がっていることに気が付いた。特に仕事の時がひどい。で、口が回らなかったりする、滑舌が衰えてきているのかもしれない。 忙しい、忙しい、気持ちははやるのに口が言葉が付いて行かない。で、相手がポカンとしていることがある。な…

12月は嫌いなの、昔から

12月は嫌いなの、昔から。1年で1番、かどうかはわからんが12月は気分が低迷、低調、底月なのであります。にもかかわらず、あのざわつき、慌ただしさ、急かされるような、浮足立ったような落ち着かない気分にさせられるのが12月。 ちゃんばー(婆ちゃ…