加齢なる日々

ささやかな愉しみ「キッチングビグビ」も、加齢と共に去りぬ

ひとり、しみじみと、それもいいものだ! ♪ 酒をのもうと 生きよと死のと あんたなんかの 知らぬこと ♪ 『裏町酒場』歌・西田佐知子 気温も上がり、グビグビの季節が巡ってきました。 なんたって、グビグビは気の合う人、好きな人と。 そして美味しい料理も…

「そだね」老姉妹の短い会話 / なーんか、気味が悪い

誰かが視ている、かもしれない… ニュースを視ながら夕飯。 画面に映る人たちの話を聞きながら、 「ふーん、スゴイね」 「そうね」 「でも、これって『マメ』でなくちゃできないね」 「そだね」 「ワタシタチには無理だね」 「そだね」 別の番組でも、 「スゴ…

長い付き合いの友人でも、「私は『フレイル』」それは言えない?

「歩ける」が当たり前でなくなる日… 今日も姉は1歩も外へ出ず、1日中、テレビの前。 この見慣れた姉の座りっぱなし姿も、1歩、外へ出ると、足元の頼りなさ、杖を使用しているというのに、そのあまりのヨロヨロぶりに驚かされる。 歩行は勿論だが、車の乗…

ボーーーッとして、焦って / アイ・ハヴ・ア・ドリーム

加齢には「飴」も必要だ! 終日、雨。で、終日、頭も体も顔もボーーー。 今朝、眠りについたのは4時頃だろうか。で、6時前に目が覚め、また眠り、7時に目が覚め、また眠り、次の目覚めは、8時過ぎだった。 8時か、しゃーない、起きるか。寝不足は昼寝で…

「年相応」は、大きなお世話

無駄の多い生涯を送ってきました…人生には無駄も必要だ… 年寄りなりのそれなりの美貌と若々しさを求め、今日も明日も明後日も。 無駄な努力だと人は言うけれど、いいじゃないの、自己満で。 でもさ、年寄りなりのそれなりは、年相応とは違うのよ。 “ 〇〇代…

20年の歳月が、彼女をオバサンにし、私をオバアサンにした

あの頃もその頃も、今に比べりゃ若かった… 調べ物をしておりました。それに関連して思いだした人がいて、懐かしさとともに、彼女、どうしているかな? 仕事はまだ続けているのだろうか? で、検索。すると懐かしいお顔が、お元気そうです。 そこからさらに最…

そんなに素直になられると…が、しかし

加齢して「ああ、かんろ、かんろ」が「ああ、かんみ、かんみ」へ… 毎晩、食事の後に姉は緑茶、私は白湯を飲みながら、お菓子を食べる老姉妹です。 同じ屋根の下、24時間一緒にいても、この時くらいなんですわ、姉妹が話をするのは。 それもテレビを見なが…

今朝のドタバタ / 身も心も年寄りって…難しいわね

歳はとっても、とっても大変! 今日は姉の通院日。予約の時間指定はないけれど、診察は午前のみ。 なので、いつも10時にタクシーに迎えに来てもらっている。が、姉は9時半になっても起きてこない。 さすがに心配になり、そろそろ起こしに行くか。と思った…

年寄りにも衣裳 / もう少し頑張ってみますか

毎日、機嫌よく暮らしたい? べつにー… 真っ昼間だというのに、曇天どろどろどろ~ん。 冴えない空、まるで私みたい? こんな日は気分も下がるわね、それがイヤね。 たまに、時々、頻繁に、なんだか気持ちが塞いで、そのまま加齢鬱から認知症コースへ。 マジ…

「溌剌ですか……」ヒトの第一印象

昼食アイスを溌剌と? 食欲落ちた年寄りのささやかな愉しみ ! このところ脚の調子が良かったものだから、たった10分ほどではあるけれど、毎朝、草むしりをしていた。 だが、そのせいか脚の痛みがぶり返した。それでも昨日は図書館へ本を返却しに、また7冊…

年上と一緒にされたくないアンタの気持ちはわかるのよ、すんごく…

春らしく…何だかよくわからないけど。まぁ、そういうことで 以前も書いたことあるけど……。 出た、またかよ? 以前も書いたことって、どれだけあるんだよ、更新サボってばかりいるくせに。 そうだよ、悪かったわね、ネタもボキャブラリーも貧困で。嫌なら他所…

いいわね! ゴォォオオオジャス! 見るだけでも

─ ホーホケキョの聞けた朝 ─ 世の中、右を向いても左を見ても節約・緊縮・節約・緊縮。 明けても暮れても節約せつやくセツヤクーーー、欲しがりません、年金暮らし。節約は当たり前、それどころか今では愉しみとなり、生きがいとなりました。 ほんとか? 嘘…

アラ傘寿の集中力と忘却力、そしてお互い様

私の頭の中? なんだかグチャグチャ 昨日は図書館へ本の返却、そしてまた7冊借りてきた。 本を借りて帰ると姉は大喜びして、すぐに読み始める。 以前も書いたけれど、テレビつけっぱなしの前で、朝から寝るまで読んでいる。 だから7冊の本も、姉は1週間も…

お金も健康も無ければ無いで…どうなるのかなぁ

ほんとか? それはアナタ次第! 巷には、老後はいくら必要だとか、健康のため、年寄りはああしろ、こうしろと、ありがたい? 情報が溢れかえっておりますが、うちの姉ちゃんはそんなものには動じない。 「何言ってんのよ。そんなこと言われたって、ない袖は…

目、醒める

お待ちしてましたわ! お久しぶりです。 そしてブログ休眠中も訪問、また応援クリックしてくださった皆々様方、ありがとうございます! うーん、最近はこんなことばかり言っているような。ま、人生そんなときもありますわな。 で、あっという間に4月ですわ…

今年もありがとう!/ 待ちモノ 来たらず

もう歳は数えないの! 暮れも正月も関係なく、毎日、毎日、事故や事件が。 明日はどうなるのか、明日はやってくるのか、他人事じゃありません。 ましてや年寄り、事故や事件でなくても、身体がね、何だか色々とね。 そうよ、歳のせいなのよ。 ということで?…

大丈夫ですか? 洗濯物の外干しは元気の証

洗濯干しも、ひと仕事となって… イヴ? メリクリ? それがどうした、それがなんだ。 でも、世間に倣って、「気持ちよ」と、姉が生協の冷凍ケーキを注文しましたとさ。ベリーがたくさん飾ってあって、3時のおやつに美味しくいただきました。以上、お終い。 …

男親・女親

今日も食って寝て終わって、また1日、老いて… 最近は亡くなった親のことを、よく思いだします。 それは私が歳をとったからでしょう、そして暇だからでしょう。 思いだすことも供養になると聞いたことがあるので、親不孝娘は、今、せいぜい、思いで供養をし…

介護記事で思いだす、母と姉との確執・決別

年寄りの愉しみ、眠るって、幸せ! 冬は特にそう思う… 歳のせいでしょうか、最近は介護に関することが書かれたブログに目がいきます。 家で親を介護されてる方には、ほんと、頭が下がります。 我が家も、母の介護、そして施設入所では、ひと悶着、大波乱、大…

もったいない? それは言わなくていいんです / 言いたかないけど…

花は花は花は おそかった~ ♪ 姉にとって今月2回目の外出、行先は勿論いつものスーパー。 買い物を終え、いつものように、コーヒー飲んでひと休み。 おっとと、アッチチのコーヒーをちょっとだけ、こぼしてしまったよ。 急いでティッシュを出して拭く私。 …

大掃除もクリスマスも正月からも、遠く離れて /「元気」って?

都会のネオン街、イルミネーション、喧騒が恋しい! 今のところ、例のゴミは飛んできてないようですが、まだ油断はできません。空き地にあった袋が見当たりません、要注意です。 『 大掃除もクリスマスも正月からも、遠く離れて 』 タイトル通り、そんな感じ…

あんなに元気だったのに(2)…他人(ひと)は、見ているものだ

怒ったぞー と、その前に、加齢オコリンボまた怒っている。 一体この国はどうなっているんだ? どうなってしまうんだ? 栄枯盛衰は世の常、とはいえ、こんなになっちゃって。 ゆでガエル国家は、国民はどこへいくのか? 私たちはいいわよ、もうすぐ死ぬんだ…

加齢と共に理想の住まいは変わり「もう六畳一間でいいわ」でも、ダンナは?

起きて半畳寝て一畳… 家の前の通りには今年も落葉の吹き溜まりが。そのため秋からずーと今まで、掃き掃除を強いられてきた、やれやれである。 夏には雑草に散々悩まされ、脚に問題がない頃は、草むしりも気分転換になったが、今は頭の痛い大問題となった。 …

加齢なるオコリンボ。そして、ブログのゴチャゴチャは、私そのもの

こんなことも、いつの間にか、忘れてた… 夕飯の支度のためキッチンへ。すると今日もまた、姉が、朝食で使った食器がそのままシンクの横に。 それを見た、この妹、ムッ。またか、またか、またか。 それくらい、それがなんだ、どうってことない……。 夕飯の支度…

“ 同病相憐れむ ” バアチャン、一緒に頑張ろう! エイエイオー!

ほんと、助かるのよ、これ! 昨日、スーパーに行った、それは昨夜書いた。で、その続き。 スーパーの敷地に入ると、いつものようにショッピングカートを杖がわりにして店の入口へ向う。 すると買い物を終え、店から出て来たバアチャンが、カートを押しながら…

オッサン、とぼけて済むと思うなよ

バナナは高くても安い! 本日も晴天なり。 年寄り、昨日とは打って変わって出かける気満々。行先は毎度おなじみ、図書館からスーパーへといつものコース。 このスーパーは、年寄りや脚の悪い人には買い物がしやすい広さである。セルフレジは無いけれど、支払…

あんなに元気だったのに…

あんなに可愛かったのに… 今日もいい天気だった。 風もなく、まさに散歩日和。でも、この年寄り、ちーとも、その気になれず、終日家の中。 はぁ~、ため息またひとつ~。 晴天でも年寄りの心は晴れず。傍で思うより、年寄りの心は、ずーっと、ずーっと繊細で…

年寄りは「風」にも注意! 歩けば転倒、食べれば誤嚥

生きてりゃ色々あるさ…オイラもな昔… 晴天だった。育骨にはお日様も欠かせない、散歩に行くぞー。と思ったら雲が、そして風が。と思ったら突風だー、年寄り散歩、断念、残念、無念? 風をナメたらいかん。つい最近、近所の婆ちゃん、風に吹かれて転倒したん…

セコイ? 未練がましい? でも、ひと言だけ…

なーんかモヤモヤしましてね… 購入してから使用回数2-3回、まだまだ新品みたいな、あるモノをお隣さんにあげたの。 お隣さんが欲しいって言うからね。 残念ながら、それは私の今のこの脚では、もう使えません。 だからと言って、このまま使わずに朽ち果て…

ん? “ 散歩姉 ”  どうした?/「貧乏でそうなった」アンタに言われたくないでしょ

つい……これがイカン… 寒かった、丸1日家の中。寝ながら筋トレもどきを少々。老姉も座ったきり、夕飯までの歩数は20歩? 30歩? そんな姉がですよ、10日ほど前、突然、「散歩に行ってくる」と言いましてね、外に出て行ったじゃないですか。 どうした?…