あんたに言われたくない

あなたのためだから

マンションから消しゴムまで『 買い物 』

起きて半畳寝て一畳 不要不急の年寄りに残された時間はあとどれくらいあるのか? そんなことを考えてもしょうがない。それよりこれからの時間を大切に楽しみたいものだ。 何といっても時間はある、好きなように使える、だったらとりあえず住まいでも変えてみ…

“ 痛い人” たった1年なのに…身体が違う? 

スッピンに部屋着ばかりで加齢度、増し増し! 両耳にできていた「しもやけ」は、すっかり良くなりました。他のところにはできないのに耳はどういうわけかほぼ毎年。でも毎日毎日乱暴にマッサージしてますと治りも早いのです。 耳しもやけ、若い時はできませ…

「気持ちは若い頃と、そう変わってないのよね」

どんな年寄りにも若い時はあったのだ、信じられないかもしれないけど (歳はとったけど、見かけはこんなに変わっちゃったけど) 「気持ちは若い頃と、そう変わってないのよね……」 70代のアンタがしみじみそう言うのです、ちょっと寂しそうでもあります。 …

元気そうなのに突然、病気なのに元気

命短し動けよシニア、今だよ今、いつまでもあると思うな 自然災害になす術もなくコロナには太刀打ちできず、事件や事故にいつ巻き込まれるかもわからず、加齢は避けられず他人の病や災難も明日は我が身。 先のことはわからんがよくぞここまで生きてきたもの…

『 ブログ 』懐かしい人、尋ね人

若くないからせめて若々しくな 昨夜、ある言葉を検索してたら、昔懐かしいブログにヒットしました。そのブログとの出会いは11年前、それから毎日の更新を楽しみにしていたものです。 しかし、それから数年もすると更新は途切れがちになりやがて放置状態に…

彼女の長所

たまに会うだけなら「いい人」でいられるしね 火曜日が終わります、今日もモウヒトリサンから電話はありませんでした、このままでいきましょう。 オババが話をする、するとウッカリさん、 「えー、そうなの?」(ちょっと驚いている様子) オババとしては、…

「ピンピンコロリと逝けそう」…ありがとう?

よく喋るよく食べる、体の動きは鈍っても モウヒトリサン、友人の家から帰ってきたのでしょうか? 今のところ電話ありません。こちらからは電話せずにこのままそーっと? しておきましょう。 しかし、彼女はじーっととか、そーっととかしていられる人ではあ…

言いたかないけど、どうして? なんで? 

思っても、言えないしな…悩むな 今日も午前中に1時間ほどボラ活でウッカリサンと一緒。その後、彼女の車で空いてる店を目指し、お昼を食べに行くことに。 モウヒトリサンも誘ってみる? で、電話した。すると、2日前から〇〇の友人の家に来ていて、今日帰…

眠気も吹っ飛ぶ我がスッピン、萎えるは顔だけにあらず

電話、待つ…そんなこともなくなって早ン十年 寝不足の昨日もボラ活の続きがありました。眠い、20分ほど仮眠したいが、そんな器用なことはできない年寄りだ、されど支度するにはちと早い。 どうするか? ……そばにあったスマホを手に取りスマホの手鏡機能で…

言いたかないのよ、言いたかないけど言えないけど、でもね…

♪ ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて 迷い道くねくね ♪ 大人になってから、迷子になった夢を見たことがありますか? 曲がり角ひとつくらい間違えたって、どうってことないのだ。歳をとっていくと選択道はどんどん閉じられていくのだ、間違いだのなんだの言って…

昔は友達も親友もいたのだった

いつまで青春? 永遠に、心の中は…んなこと無理? 今日は風が強くてね、冷たい北風が心の中をピューピューと吹き抜けていきます。さむい、あまりにも風の勢いが強いと心がささくれ立っちゃうよ、ひび割れちゃうよ。 で、おはなし変わりまして、昨夜、たまた…

「コロナとワクチンと」もう、こうなれば…どうなるのかな…

巷は雨でも我が心には太陽がいっぱい…んなわけない 朝から雨が降っていた。なので一歩も外へ出ず、こんな日は体内のエネルギーが萎んでいくように感じる、こうして何もかも加齢とともに徐々に枯渇していくんだな。 しもやけ耳は左だけでなく右もだった。また…

「若いね」

ハイヒールは無理、でも、スニーカーでカッコイイがカッコイイ 世の中を変えることができるのは、若者、よそ者、バカ者、だそうだ。 なるほど納得、若者には夢を持ってほしい、夢を持てる社会、国であってほしい、若者に期待したい、若者でなくなったオババ…

50年前「みなさんは、お金と愛、どちらが大事だと思いますか?」

あの時の少女は、老女になってしまいましたとさ オババの周りは年寄りばかり。新しい年とはいっても年寄り同士の会話に明るい未来への展望などはなく、話題といえばもっぱら過去へ昭和へと遡るのでした。 で、戻りに戻ったオババは小学生、そんなある日の授…