あんたに言われたくない

あなたのためだから

加齢なるお洒落

エプロンおばさん

この連休はお金を使わないと決めた。けれど、明朝飲む豆乳がきれてしまったので買い物に出る。すると(あっ、エプロンおばさんだ)これはマズい、Uターンしよう。この人につかまったら大変だ、エプロンおばさんの話はエンドレスなのだわよ。 どうか見つかり…

同じ服でも娘とシニア母では意味合いが大きく違う

目の前に座るシニアな母とその娘。なんで親子だと分かるか? 顔が似ている、顔にもまして体型がそっくり、着ているものもよく似ている、バッグも同じブランド。仲良し親子らしくずーと喋り続けている。 恰幅のいいシニア母は黒の T シャツと穴あきジーンズ、…

30年前の T シャツを着ていたら

今日は蒸し暑かった、それでもめげずにコンビニへと向かう。何をしに行くのか? ビールを買うためだ。コンビニが割高なのは重々承知。でも今日はポイントで購入するから、まっ、いいか、と自分に言い訳をする。 コンビニなど利用せずに買い置きしてしとけば…

それが年寄りの証拠なのよ・知りすぎたおばさん

雨にも負けず風にも負けず加齢にもめげず人生にもめげず、明るく元気に能天気ブログを目指すはずだったのが最近ちょっと暗い話が多くなってきた。 なので今日は少し明るく? 巷で流行る物の話。 またまた最近よく見かけるようになった、ちょっと長めのアコー…

加齢なる乙女

電車の中、向かいの席に座るは80代くらいのおばあちゃま。知らない人を婆さん呼ばわりしたくないけれど、まぁ、可愛らしい人だったので、あえて、おばあちゃまと呼ばせていたただきましょう。 その人の恰好がね、いいのよ、婆さんらしくないの。 黒のベレ…

シニアのキレイな店員さん

月に1回か2回ある食品を買いに行く、休日に食べるために。 店に行くとシニアの綺麗な女性が笑顔で迎えてくれる。丁寧に化粧された顔に感じの良い笑顔。多分60代だと思うけれどオバサン臭さのない綺麗な人だなと思っていた。 昨日、たまたまお茶を飲みに…

爪の手入れは心の余裕、洒落心、私の場合

体の中で手と足だけは自分で見ようと思えばいつでも見ることができる。特に手はいつも自分の視界の中にある、だから見る気はなくても気が付くと、じっと手を見ていることが多い。特に電車の中では毎日、自分の手を見てしまう、またたほかの人の手にも目が行…

自分じゃ見えないから、いけないのよ・後ろ姿

今日も「元気」って言われましたよ。元気は結構なことだけれど……「元気」それしかないわけ? でも、憂鬱そうな人、って思われるより、まっ、いいかしら。そんな元気な人も帰宅してパソコンの前に座ると、先ずは、はぁー、と大きくため息、で、ああ、疲れた、…

色にボケ、色にマケる・服選び

ふと思う、毎日、毎日、同じような色の服を着ているな、と。寄る年波に、服の選択肢はどんどん狭まってくるというのに、その上、似合う色さえなくなってくるのだから、ホント加齢人の服選びは大変なのだ。 服だけじゃない、口紅、頬紅、ファンデーションの色…

お洒落も手に入れる前の「自分下ごしらえ」が大変なのである

休日は出かける用事がなければ当然スッピンだ、誰も見ちゃいないし、自分じゃ見えないからいいのよ。たとえ郵便屋さんや宅配の人がきたって平気よ、もう開き直りだわね。加齢人のスッピンを見せられた方は迷惑かもしれないけど、仕事柄それくらいで驚き腰を…

おばさんにシワのシャツ

夏は天然素材の服がいい、で、家でジャブジャブ洗濯できるものが。となれば、やはり綿と麻。 麻のシャツは大好きで何枚も持っている。見た目も涼し気、着心地もサラッが気に入っている。 そのことを、着るものに悩む、着るものがない(似合うものがない?)…

妻の化粧に無関心な夫が…

休日でも出かけるときは化粧をする。だから今日も化粧をした、人に会いにいくわけではないから、かなり手抜き。でも、眉だけは入念に、誰も見ちゃいないけど。 眉を描いてるときに時々思い出す話がある。 知り合いの奥さん、顔を洗うと眉がなくなる、せっか…

スニーカー生活

あーあ、疲れた、やっと木曜日が終りましたよ、後1日でござる。こうして一週間の通勤に耐えられるのも、スニーカーあればこそ、ありがたや。 最近、仕事に行くときはスニーカー、仕事に行かないときもスニーカー、この履き心地に慣れてしまったら、他の靴は…

ちょっとー、試させてくれたっていいじゃない・ウィッグ

雨やんだ、髪のびた、で美容院へカットしに。隣の席の鏡の前に、あらら、「ウイッグ」が、ウイッグといっても部分用のね。今年の秋から冬は、防寒とお洒落と手抜きを兼ねてウイッグなんてどうかしら、と思っていたおばはんは、早速、「これ試してみたい」と…

ヘアスタイル…それは何を着るかより難しい

ヘアカーラー使っていた時代もあったわね。 なぜだか知らないけれど、いつ購入したのか全く覚えがないけれど、なぜか未だにホットカーラを持っている私。 毎朝、鏡に向かい化粧をする。仕事に行かない日は、原則? 化粧はしない。 だから化粧は仕事の一部の…

おばさんの足首 

薄着の季節になりました。 いつの頃からでしょうか、おばはんは家の外では、夏でも半袖を着ることはなくなりました。 素肌を露出する機会は加齢とともにどんどん無くなって、どうせなら、顔だって露出を避けられるものなら、そうしたい、そんな加齢なる日々…

自分じゃ見えないからいいのよ

買い物からの帰り道、隣の奥さんとばったり。 「お出かけ?」と声をかける。 そうなの。でも、さっきまで忙しく動き回っていたから汗かいちゃって。 だからシャワーを浴びて髪も洗ったけど乾かす時間がなくて、 ねっ、髪まだ濡れているでしょ。 でも、いいの…

20代女性に老眼鏡を褒められる

暑くてバテバテな月曜日、職場に着く前にエネルギーを使い果たした感じ。 「こう暑いとダルイのもあるけれど、イライラするのよ」と言う人がいて、だったら今日はこの人に近づくことは避けよう。 おばはんはイライラするエネルギーさえ尽きてしまった感があ…

おばさん、ババシャツ出てますよ

今日は気温が上がって夏日になる。なんて聞いたものだから薄着で出たら、寒がり風邪ひきのおばはんはなんかうすら寒くて、電車に乗れば冷房中。だから寒くて寒くて、鼻水、くしゃみが出始めて、で、またまた季節外れのマスク着用で寒さをしのいでおりました…

「年齢も体型も関係ないわよ」と、カッコイイおばさんは無言で語る

昨日ブログを書いていて思い出しました、数年前のちょうど今頃、都心のデパートで、「おお、カッコいいじゃん」そんなシニアに遭遇。 年の頃ならアラ70そんなところでしょうか。 パナマ帽? に麻のワイドパンツ、あと何を着ていたのか忘れましたが、で、ほ…

お洒落な年配女性を見かけると

今日は仕事に行く途中、「あらー、涼し気でお洒落じゃないの」、という中年? 高年? 女性を3人見かけましたの。 中年だろうと、シニアだろうと、婆さんだろうと、男だろうと女だろうと、特別スタイルが良くなくても、特別美人でなかろうと、特別高級な服に…