加齢なるお洒落

「好き」は見るだけでも元気が出る / 34年前のハイヒール

好きなもの、ある、だけいいか? 洒落っ気も、しぼんだー、とは言え、古着を羽織って梅干しバアサンで人生を終えるにはまだ少し時間がありそうだ。 「70代ご近所お綺麗さん」を見習え! ですわね。年寄りだって洒落っ気しぼんだって、まだ無くなったわけじゃ…

「いつもお綺麗さん」は、やはり、いつも何でもお綺麗にしてる人だった

綺麗な人が料理も綺麗に作る、そうはいかない。 今夜もグラスを割ってしまった。去年からグラスばかりいくつ割ったことだろう。何だってこうも簡単に割れるのか。 自分の不注意を棚に上げ、グラスのせいにしたい。そんなに割ってばかりなら、小児用プラスチ…

バーゲン品も…着る人が着れば…

人、服を選び、服、人を選ぶ… 午後も遅くになって空が暗くなったと思ったら、いきなり強風が、これが大寒波を運んでくるのか? 寒波に停電、そして雪、大丈夫か? ちょっと怖い。 しかし、そんな天候も無視して今日は加齢なるファッションの話。 ファッショ…

着るものがない…それも出不精に輪をかける

短い秋、人生の秋を少しでも…どうするか? 今日は午後からカラッと晴れた。気分もちょっとだけカラッとして、こんな日はスーパーでなく図書館でなく、どこか違うところへ行きたいとしみじみ思った。 でも、出かける、となると、まず、何を着て行こう。えーっ…

杖や車椅子になっても・スーパーで見かけたステキなシニア女性

日没前の華麗なる煌めき 昨日スーパーの出入口付近で見かけた車椅子の女性、年の頃は70代くらいか? で、なぜ、すぐに、その人のことが目に入り印象に残っているかというと、車椅子だったから、ではないのだな。 まぁ、確かにそれもあったにはあったかもし…

やめられるのは幸せなこと? / 赤シャツオヤジ / やっぱりシャツが好き

夏はこんなギンガムチェックもいい 加齢なる著名人の元気な姿には元気づけられる。男性であれ女性であれ見た目こざっぱり、お綺麗であれば尚更のこと。しかし、その逆はショックも大きい。 認知症の話はやめました。この歳で認知症は他人事ではありません、…

今年もまた、20年着続けるシャツ

夏は、そのシャツとアイスがあれば 今日もお暑うございました。ということで今年も例年通り、いつもの一番のお気に入り綿シャツを引っ張りだした。 毎年、毎年、初夏から秋口までそのシャツを着続け早20年。夏の強烈な日差しにも負けず、何百回? 何千回?…

お見事! まっ白髪!

その人は、真っ白ふっわふわもしゃもしゃ頭に、こんな色合いの服でした じぃーーーーーっと手を観る。手も歳をとったものだと思う、しかーし、爪だけは違う。加齢により縦すじは増えたけれど、その新陳代謝には目を見張るものがある? 切っても切ってもあっ…

要らないといえば要らない。でも、それでいいのか加齢体

憂い顔モンちゃんは何を思う? 何だか知らないけれど、春だというのにこの暗澹たる思いはなんじゃろうか? と打ち込んだら、なんじゃ老化と変換されちょっと笑う。 本格的な春の到来ならば年寄りだってそれなりに気分一新、ピカピカとまでは言わないが新しい…

あれ? …ちょっと? 若返って? 綺麗になってる?

年寄りだって小綺麗、中綺麗、大綺麗、いいじゃない! 今日、ちょっとこの人の近くにおりましたの。で、あらー、??? オババ、この人のこと、誰だか分からなかったんですね。 www.manamemo.com この人とは近所とはいえ付き合いはありません、興味もありま…

70代、洒落っ気は「捨てたんじゃなく…」

行くとこなくてもお洒落をすると、気分が上がる! 今日のニュース、新井満氏が「誤嚥性肺炎」でお亡くなりに、75歳でありました。嚥下をなめちゃいかん。「誤嚥」それは寝ている間も油断ができないらしい。年寄りは寝ても覚めても年寄りということだけで危…

いつも、お綺麗70代ご近所さん

昼も夜も外に出なくなって、萎みそう、枯れそう、すでに枯れてる? 萎びてる? エイエイオー! と掛け声ばかりであっても、とりあえずのやるべきことは終えた? ちょっと一息と思ったら、12月になってしまった。 歳をとるごとに季節感は薄れ、ましてやこの…

「また、そんなボロ着てどこ行くの」母と娘

こんな時もあったのに…老いては子に従え その母は裁縫も趣味の一つ。縫ったり染めたり、アクセサリーも作る。で、大物は着物のリメイク。古? 着物をほどき、服に作り変える、それをヨソユキにしたりする。 その日もそんなヨソユキに、首には自分で染めたス…

バアサンにも衣裳・しつこいんです、ワタシ

年寄りだって、だからこそ、お洒落は心のビタミン剤 バアサンなりにそれなりに、そこそこおおいに、小綺麗でいたい。この歳なれば、それは自分のためである、気分を上げるためである。 古ぼけちゃって、しおたれちゃって、しょぼくなっちゃって、しょんぼり…

アンタは言う「気持ちの上がる服」そんな服が…

ワクワクを求めて 新しい服が欲しいわ。服もずいぶん長いこと買っていないわ、ないわけじゃないのよ、あるのよ、着るものは、(そうでしょ、そうでしょ、年寄りは溜め込んでいる、はずだ)。 でも、服って、着られればいい、暑さ寒さを凌げればいい、それだ…

年寄りばっかり / オヤジオバン

歳はとってもお洒落をするときはラララ~そう? 午前中に散歩をした。で、つくづ思う、年寄り世帯ばかりだな、と。この時間に出会う人も皆年寄り、明日の足のためにと歩く人たちだ。 平日の昼間にスーパーに行く、ここでも年寄りばかりが目に入る。先日、ラ…

歳とって外見は変わってきても、好みは変わらないものだな

黒髪と肌の白。両方なくなった *** 頬 ⇔ 生命力*** 頬の血色は肌にエネルギーを与え、生命力を表す。 華もない色もないそんな年寄りになっちゃって、顔にも体にも活力とか覇気というものが感じられない。 そう思いましてね、昨日書いたように、以前、…

着るものが無かった

情熱の火元はどこ行った? このまま8月で有休を使い切って仕事を辞めることにした。後1回、2回は職場に行かなくてはならないが、辞めると決めたら早いものだ。で、寂しくなる、かと思ったが、それはまだ気持ちが揺れ動いていた時の話で、決断したら……こん…

年寄りの白い頭に映える、赤

「気持ち」は、あっても「継続」が、ない あぢー、エアコンは未だあのまんまそのまんま、だからこの部屋は暑いまんま。扇風機じゃ、この暑さは到底しのげない、けど、しのぐ年寄りここにあり。救急車、それとも……なんてことにならぬよう、頼みますよ。 で、…

“ 困ったらこれを着る ” 困ってもそれは着ない、だから…

それと笑顔、マスクしててもよ はい、今日もなんの迷いもなく、先週の火曜日と同じ服装で仕事に行って、無事、帰ってきました。 “ 困ったらこれを着る ” 以前、誰でも知っている店のそんなキャチコピーを見たオババは思わず「困っても腐ってもそれは着ないよ…

着るものなくても生きていける、が…

夏に備えて…どうすりゃいいいの? 体調が良くなってきた、で、思った、「着るものがない」 「着るものがない」そんなことを何十年言い続けてきただろうか? しかし、この歳でこのコロナ禍で思うのは、それがどうした、どこに着ていく? 服なら持っているじゃ…

あの人が金髪になっていた

<金髪無理でも、金、好きだわ~> 今日、久しぶりに『シニアのきれいな店員さん』を見かけましたよ。ほん一瞬でしたが、店でなく店の外で私服姿の彼女を。 そうしましたら頭がパツキン、ちょっと、オオーッてな感じでしたが、同時に、なんかね、アッ、ソウ…

♪ 春なのに~春なのに~♪ …顔と髪

♪ 亜麻色の長い髪を~ ♪ 長い髪の少女~ …そんな時代もあったのよ 今日から3月なのよね。3月はマジで春よね、気分だってちょっとは春めきたいものよね、いくら人生の春を終えた年寄りでもね。 でも、春といってもまだ3月。3月はね、春の嵐、ちょっと荒れ…

挨拶は「眉毛がないの」

人間には「眉毛」あった方がいいよね 仕事の帰りにスーパーに寄ったら、すぐそばにいたオバハン A が知り合いを見つけたらしく、「あら~、○○さん」と近くを歩いていたオバハン B に声をかけた。 声をかけられたオバハン B「あら~」、で、次に出た言葉が、 …

ウエスト…ゴム…なかなか…いいじゃないか

お愉しみはこれからだ…そうありたいものだ 昨日は出先で蕎麦屋に入りました。また蕎麦かよ、そうだよ蕎麦だよ、だって蕎麦大好きなんだもん。で、そば茶を一口、するとウウッ、ムセ……ムセそう、コホ、コホ、コホ……うーーー、ちょっと苦しい。 だが、気力で?…

どうせ誰も見ちゃいない…が、自分が見ていた・お洒落

加齢するとね、プレゼントは自分で自分にするものになるのよ お洒落したって見せたい人も着ていきたいところも無くなった加齢暮らし、ましてやこのコロナ禍だもの、休日だってどっこにも行かない。 ……つまんない? まぁね、確かにね、昔に比べたらね、そうね…

オバサン足であってもオバサン靴はイヤなんだ

短くたって太くたって歩けりゃいい 若い時から脚にはとても関心があった、で、靴が大好き、靴には抵抗できない自分がいた。でも若い時のあしへの関心は足でなく、あくまで脚の見た目、ただそれだけだった。痛かろうが何だろうが気に入った靴に足を合わせる、…

変わらなくても元気になれたら・お洒落

お洒落は心のビタミン剤 オシャレな人見て、どういうわけだか「よーし」「やったるでー」「生きたるでー」と元気の出た今日のおばさんです。変わらなくてもいいじゃないか、自己満足で、それで元気になれるなら。 もうね、お洒落したってね、誰かのためとか…

「無駄」何しても、全然、変わらないって

自己満 変わらなくても 今日は体調も戻りましてバリバリ元気でもありませんがいつも通り仕事に行ってきました。いつまでもあると思うな親と金。ではありますが親は長生き、親より先に逝かないために、やはり健康は大事よね。 優先席なら空いていた、だからオ…

自分の顔、飽きた。髪型、とっくに飽きている

どうよ、この見事なシルバーへア 自分の顔、飽きた、と思う日がある、と書いたことがある。でも、飽きるのは顔だけじゃありませんですね、髪型もそうでしょ、もう、飽きを通り越し、諦め? そんな段階かもしれません。今では顔より手間暇かかる面倒で厄介な…