あんたに言われたくない

あなたのためだから

人生の最太期と最細期・体重

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
f:id:k-manako:20190805225641j:plain

 


暑いね、暑いですね、が最近の挨拶代わり。いつもボランティアで一緒になる人に、「暑いね」と言ったら、

「でも、全然暑そうに見えないよ、細いから暑さには強いでしょ」ときた。

個人の体感温度は人それぞれなので一概にはいえないけれど、痩せてたって暑いは暑いのよ。けれど汗をかきにくい体質? なのでそう見えるのかもしれない。

 

ボランティアの現場は冷房も入りかなり涼しい、でも額に大粒の汗が浮いてる人もいたりして、汗が表面化しない私などは、まるで客人のように見えてしまう。

なんかサボっているみたい、ちょっとこれって不利じゃない、そんな気持ちになったりして。まぁ、どうでもいいけれど。

 

【スポンサーリンク】
 

 

またまた「暑い、暑い」と私が言う。

「全然、暑そうに見えないよ、長袖着てるし」と首に巻いたタオルで汗を拭き拭き太目の彼女が言う。

「あのね、長袖はね、しなびた腕見せたくないからなの」と私が応える。

 

 私のこれまでの人生の最細期はといえば今現在で、最太期は20代、その差、最大14キロほど、シナビもするはずだ。

 

私に「暑そうに見えないね」と言った彼女は、今が人生の最太期で体重が1番少なかった時に比べると、やはり15キロほど増えてしまったらしい。で現在メタボで痩せる努力をしているけれど結果に結び付かないらしい。

 

 だからなのか会えば必ず体重の話になる。人生の最太期と最細期を迎えた中年? 高年女? が2人、痩せたい、太りたいと勝手なことを毎回飽きもせず言っている。

 

【スポンサーリンク】