あんたに言われたくない

あなたのためだから

相手が年上だったら勝利感? 安心感? 優越感? 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

職場の意地悪アンタが去って、やれやれと思ったら、またまた、今度はうっざいアンタ2号が近づいてきましたよ。

 

「ねぇ、かがみさんて、何年生まれ?」

はぁ、なんで?

「ただ、ちょっと、何年生まれかなと思って…」

ふーん、で、そういうあなたは、何年生まれなの?

「あたし、いやだー、ご想像にお任せするわ」

だって。変なの。とっとと仕事しろ。

それにね、人に訊くなら自分の歳を先に言え!

 

それとですね、言わせてもらえば、

その「何年生まれ」、という持って回った言い方、私にはイヤらしく聞こえるんですね。

訊く方としては単刀直入に「何歳?」とは、ちょっと気が引ける、だからオブラートに包んで、なのかもしれませんが、私はそれが気に食わないのであります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

いませんか? こういう人、自分の歳は絶対言わないのに、人の歳が気になってしかたない人。

 

相手が自分より年上だったら、どうなのでしょうか?

勝ったー、と勝利感に浸れるのでしょうか? 

それとも安心感? 

 私の方が若いわ、まだ大丈夫、充分いけるわ。

何が大丈夫なのか、どこに行くんだか知りませんが。

 

若いという優越感? 

こんなおばはん相手に、少しばかり若いからって、それってあまりにもセコく寂しいじゃありませんか。

 

でも、同年代の年齢が気になる年頃ではありますわね。

あの人は私より若いのに、見た目は私より老けている。

あんな風にはなりたくない、頑張らなくちゃー。

あの人は私より年上なのに、見た目は私より若く見える。

なぜかしら? どうして? 羨ましい、悔しい、秘訣を知りたい、けれど、訊くのは、ちょっと癪に障る。とかなんとか。

 

私も以前ほどではありませんが、それでも、アンタ2号のような輩にはビビッと反応してしまう、いまだ、加齢に徹しきれない中途半端さなのです。

 

アンタ2号、今度はどんな質問を投げかけてくるのでしょうか? どうやって追っ払いましょうか。

 

【スポンサーリンク】