あんたに言われたくない

あなたのためだから

男子高校生に、おばさんの心、ちょっと和む…それとも凹む?

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20200711234332j:plain

大きな荷物はオバサンだけじゃないのだよ

1週間のご無沙汰でした。都知事選、予想通りでしたね。しかしね、なんかね、「拮抗」とまでは言わないけどね、ここまでね、ぶっちぎりだとね、ちょっとね、おばさんね、言いたくなるわね……大丈夫ですかーーー? ってね。

あの手作りマスク効果か? 自称マスク評論家といたしましては、*$%!&+?@;ですけどね。

はぁー……寝不足続きで頭の中が、∞#$&*?:@! ……大丈夫ですかーーー? は、私の頭の中かもしれない。

コロナに豪雨、「命を守る行動を」とんでもない時代になったものだ。で、感染者は増え続け、で、W H O 曰く、コロナ根絶の可能性は非常に低い、だもの、気持ちまでどんよりジメジメしちゃいますよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

仕事帰りに乗る電車、部活帰りの高校生のでっかいリュックが目についてしょうがない。気の滅入るコロナ梅雨に仕事帰りの疲れが重なって実に鬱陶しい、圧迫感がある、実際、邪魔である。

そんな高校生が連れ立って乗車してくると、こっちに来るな、来るんじゃない、あっち行け、と心の中でひたすら念じるおばさんだ。

その願いもむなしく金曜日の夜もいつも通り背中にでっかいリュックの高校生たちがすぐそばに。電車は走る、駅に着くたび乗客は降車し、電車は空いてくる。

やっとリュックが気にならなくなったころ、今度はこちらが降車する番だ。降車のためドアの前に立つと、近くにいた1人のリュック男子高校生と並んでしまう。

するとドアが開く寸前、彼はちょっとニッコリして私に、「お先にどうぞ」と手で促すのだった。おばさんちょっと驚き桃の木山椒の木、で、ちょっと感動。

「あら、すみません、ありがとう」とマスクはかけていたが満面の笑みで応える。するとその坊主頭の高校生もマスクはかけていたがニッコリ頷き返してくれたのだわよ。

いい子ね、坊主頭、運動部なのかな、決してイケメンじゃなかったけれど、優し気な目元がとてもチャーミング。どんな親御さんなのかな? いい息子さんですね、って褒めてあげたい。

それとも「年寄りには親切に」そう育てられたのかもしれないわね。そう考えると、おばさん、ちょっと、凹みそうだわよ。

 

【スポンサーリンク】