あんたに言われたくない

あなたのためだから

「あなたも、もうちょっと若かったらね」それより問題はアンタだ!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210905142138j:plain

いつの間にか古くなっちゃって…

いつものご近所・ランチ・散歩友から電話あり。「雨がやんでるうちにちょっと歩かない?」退屈していたオババは、即、賛同。本日、ウッカリさんは用事のため一緒できず。

ということで「もうひとりさん」と歩き出す。その時、この春、近所の空き家へ引っ越してきた男性 K さん(40代初めくらい?)と出会う。

この K さんが、ほんと、いい人なの、良く知らないけど、付き合いないけど。それはこの夏に、田舎の親が持ってきたミニトマトですが、と言って、

「もうひとりさん」とオババにそれはそれはたくさんのミニトマトをくださったの。ずっしり重いこの量は、買ったらいくらすると思ってるのよ、それくらいたくさんよ。

K さんは独り者なので「食べきれない」そういうことだと思うけど、物腰も柔らかくてほんと感じのいい人なの。

どんな仕事に就いているか知らないけれど、毎日、仕事に行ってるようだし、中古ではあるけれど家も購入した、家は古いが敷地はかなり広い。

独り者なのに、なんであんな広い土地が必要なのだろうか? この先、家庭を持った時のため? そんな疑問はあるけれど、それこそ大きなお世話です。

【スポンサーリンク】

 

季節は春から夏へ、そして秋へと変わってきたけれど、K さんは今も独り(オババと一緒ね、ねー)。

で、「もうひとりさん」は言う。

なんでかしらね、いい人なのに。見た目だって悪くないし感じもいいし、性格だって悪くないでしょ、なのに、なんで独りなのかしら? そう思わない?

それに家付き、カー付き、ババ抜きよ、ねぇ、最高じゃない。(言うことが昭和だね、彼女も)

そうね、とオババ。すると彼女、

あなたもね、もうちょっと若かったらねぇ……。

そうね、アハハ(……)。

(……若かったらどうなのよ? Kさん宅へ押しかけろ? そうすれば嫁になれた?)

「あなたも、もうちょっと若かったらね」これを何度もオババに言うわけよ。まぁ、1度なら笑って聞き流そう。しかし、そう何度も繰り返されると、仏のオババの顔も引きつるよ。

うっさいわ、歳もほとんど一緒の年寄りのアンタに言われたくないわ、それこそ余計なお世話だわ。オババ同様、 K さんだってそれは一緒のはずだ。

しかし、そんなことはどうでもいい。それよりなにより今日オババは意外や意外、彼女のある一面を知ってしまったのだ。

オババは正直、すっごく驚いた。でも、大人なオババはそんなことおくびにも出さない。けど、うーん、時間が経つほど考えれば考えるほど、その衝撃は大きくなってくるのだった。

かっては仲良しこよしだった人たちと、今では絶縁状態? の彼女。その理由が今日わかったような気がした。

……ひょっとして彼女はオババの考えていた人とは、だいぶ違うのかもしれない。

【スポンサーリンク】