あんたに言われたくない

あなたのためだから

色にボケ、色にマケる・服選び

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
f:id:k-manako:20190716224448p:plain

 


ふと思う、毎日、毎日、同じような色の服を着ているな、と。
寄る年波に、服の選択肢はどんどん狭まってくるというのに、その上、似合う色さえなくなってくるのだから、ホント加齢人の服選びは大変なのだ。

服だけじゃない、口紅、頬紅、ファンデーションの色味、髪の毛だって、年老いた顔にカラスの濡れ羽色的、真っ黒はかえって老齢を浮き立たす。

 

【スポンサーリンク】
 



はっきりした色、鮮やかな色、綺麗な色は、色に顔が負ける。
だからといって年々ボンヤリメリハリなくなる顔とくすんだ肌に、くすんだ色着てどうするの。なおさら顔立ちボケるじゃないの。

好きな色、気に入った色が似合うとは限らず、デザインが気に入れば色が気に入らず、色が気に入ればデザイン全く気に入らず、それに加え価格の問題だってある。

 

色の冒険もしなくなり、そんなこんなで今日も明日も明後日も、今年の夏は(も)ブルー系とイエロー系。うーん、代り映えしない。

 

【スポンサーリンク】