あんたに言われたくない

あなたのためだから

突然の「ピンポーン」は、やめてくれ!…お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210201145029j:plain

ギャー! 猫もびっくりどっきり! ババアのスッピン!


ご無沙汰しております。書かない、更新なしが当たり前となってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? 

はい、私はとても元気です。仕事だって行ってます、寝不足だって相変わらずです、変化に富まない暮らしぶりが続いております。

つまらない? いいえ、これぞ、年寄りの理想的、穏やか平和暮らし、というものでしょうか? 変化に富まない、半分眠ったような日々ではあっても、昨日と今日は違う日だということくらいは理解できております。

それでは今日は何日でしょうか? えーっと……。では何曜日でしょうか? えーっと、えーっと、……わかりません。電話番号? ……覚えとらん。住所? えーっと、確か……うーん、なんとかクリア。えっ? 郵便番号? ……とうの昔に忘れた。忘れたことも忘れてた。

こんなことが日常茶飯となりました。漢字も書けない、が、自分の名前と住所が書けたら良しとしよう、年齢? そんなものは忘れた方が身のためだ。で、家に帰りつくことができたなら万々歳。

当たり前が当たり前でなくなり普通が普通でなくなっていく、それにコロナが加わってコロナと老化、老化でコロナ、年寄りを生きていくのは大変じゃ、この先もっと険しい老いの道が待っているのか? 

ああ、嫌だよ、怖いよ……ひょっとして、いいや、ひょっとでなく、生きていないかもしれないじゃん。ブログの更新が安否確認になったりして。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ということで? ちょっと明るく? 年寄りババ話。最近ですね、すぐそばの空き家に新しい入居者が。空き家より人が住んでいた方がずっといい、これは喜ばしいことである。

で、その新しい入居者、まだお若いのに? わざわざ挨拶に見えましてね。あら、まぁ、これはこれは恐縮です。ですがね、いきなり「ピンポーン」はやめてよ、であります。

いきなりでなかったら、どうすりゃいいんだ、電話番号も知らないのに。ではありますが……でもね、いきなり訪問される年寄りの気持ちも考えてよ。

ババアのスッピン、オフのババ顔、裏の顔、人に晒すの、イヤを通り越して、つらいのよ、いたいのよ、心苦しいのよ。オババ、見かけはこんなでも心は結構繊細なのよ。

それはこっちも同じじゃ、来たくて来たわけじゃないわい、ましてやババアのスッピンなど見たくもないわ、朝っぱらからイヤなもの見せやがって。

ですわよね、本当に申し訳ありません、で、ちょっと反省、で、思う。もう少し、ましな顔、作っておくべきだった、たとえ休日であってもどこにも出かける予定がなくても。でも、そう思うのはその時だけ、今更ムリ無理、そうしてこの歳まで生きてきた。

どこにも出かける予定がないのに、朝にはきちんと化粧して髪もそこそこ整えている年寄りがいる。母親もそうだった、しかし、私には真似できませんわ。これはこれでスゴいことですよ、アンタは偉い、そう思いますです、はい。

誤解のないように、スゴイ、エライのは私ではなく、突然の訪問者にも慌てない困らない、それなりの身なりと顔を、いつでも当然のごとく整えている人のことだわよ。

 

【スポンサーリンク】