あんたに言われたくない

あなたのためだから

「人生をリセットしたい」…ふざけんじゃない、その後

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210928210049j:plain

年寄りも、プチッとだけ、人生リセットしたい!

今日は昼寝した、1時間以上。昼寝をしたら俄然やる気が起きてきたオババであった。でも午後の3時過ぎから何をするというのか? 散歩? 今日は歩くには暑い、ブログを書くか? ……だが、書くことが無い。

う…………ん、考えても何も浮かばない、ということで夕飯、夕呑みの献立を考える。うーん、何にするか、これが毎日毎晩となると大仕事だ。

以前、ランチ友は言っていた。ひとりになったら料理しなくなると思う。でも今は夫がいるからしたくない時でも、する。でも、それが結局、自分の健康のためになっている、そう思うことにしている。

物は考えよう、偉いであります。人生って、暮らしって、人間関係ってそうやって何とかかんとか自分と折り合いつけてやっていくのものなのね。

ということで、書くことないから、今日は、最近、感動した、オババの目にも涙のお話です。

知人の娘さんが結婚して赤ちゃん産みました。なのに夫が「人生をリセットしたい」などとぬかしまして家を出て行ってしまいました。

リセットォォオオオオオー、アンタは何を言っておるのだ、子供が産まれたばかりだというのに、ふざんけんじゃない。

結局、他に好きな人ができた、そういうことですよ、ったく。これを聞いた時はほんと他人事ながら腹が立って腹が立って。

【スポンサーリンク】

 

身勝手な夫の要求に応じ離婚した彼女、健気にシンママの道を歩き始めました。しかし、この元夫、子供への愛情は断ち切れなかったようで、子供に会いに、また養育費の遅延、遅滞は1度もなかったというのだから、そこだけは、エライ。

それから時は流れに流れ子供はどんどん成長し、来年はピカピカの1年生、という時に、あらー、ビックリ、元・夫、戻ってきたのよ。

この身勝手・夫、離婚して、好きな人と人生をリセットしてみたが? 子に対する愛情は冷めることがなかったようで、我が子の成長を見ているうちに考えるものがあったのかもしれない。

しかし、元・妻としては、どうなのでしょう。嫌いになって別れた人ではないけれど、子供の父親ではあるけれど……かって、私と、この子を、棄てた人。

……よく、許せましたね、スゴイですね、どう、折り合いをつけたのでしょうか。

こうして同じ人と再婚し、またまた人生リセット。今は親子3人、仲良く暮らしているそうだ。で、今度は家を購入するらしい、すごいじゃないか。

良かったね、本当に良かった。この復縁には夫の両親も、それはそれは喜んでいるそうだ。オババもちょっと感動、目頭熱くなった、これぞ雨降って地固まる、だわね。

【スポンサーリンク】