あんたに言われたくない

あなたのためだから

眠気も吹っ飛ぶ我がスッピン、萎えるは顔だけにあらず

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20220115135152j:plain

電話、待つ…そんなこともなくなって早ン十年

寝不足の昨日もボラ活の続きがありました。眠い、20分ほど仮眠したいが、そんな器用なことはできない年寄りだ、されど支度するにはちと早い。

どうするか? ……そばにあったスマホを手に取りスマホの手鏡機能で、自分の顔を見てみた。すると……。

えーーー、なんじゃこりゃ、この顔は。ちょっとー、どうなってるの? いつも使っている鏡と、顔が、全然? 違いますけど? 

老けっぷり、枯れっぷり、加齢っぷりの度合いが強い? 濃い? 激しい? 顕著? 正確? なんですけど……。

今更ですが、うーん、こんなに歳をとっていたとは、うーん、うーん、唸っているうちに、眠気は完全に吹っ飛んでおりました。

で、いつもの鏡を使い化粧をすれば、いつも通りのそれなりの顔が何とか出来上がりました、うーん、ではありますが。

こんなことでめげていては年寄りなんかやっていられない、これからもっとすごいことになるんだぞ、でしょうね、はぁ~。

 

【スポンサーリンク】

 

外に出れば強い風、ぼんやり歩いていたら飛ばされないまでも、年寄りの足元ぐらつき、よろけそう、転びそう、あぶないったらありゃしない。

関節柔らか可動域、広し。かっては自慢だったオババの脚が(体が)昨日はなんかギクシャクして力が入らず、足も上がらず、段差が怖い、転倒しそう、これを「萎える」というのか? 

歳とって顔が萎えたと思ったら、知らぬ間に足腰の萎え半端なく、おまけに心の萎えも……恐怖であります。

髪がキマらない、化粧がキマらない、服が決キマらない、サエないわ、あーあ、これじゃ、出かけくたくない。若い頃、そう思ったことはありませんか?

今そんな贅沢を言ってたら、死ぬまで家から出られません。老顔にめげず、顔なんか首の上についていればいい、誰だかわかればいい、それより歩けるがいい。

【スポンサーリンク】