あんたに言われたくない

あなたのためだから

他人(ひと)は、いつも勝手なことを言ってくれる

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

f:id:k-manako:20210819231701j:plain

見た目でナメたらアカン! 年寄りだって年寄りだって!

「えー、意外、そういう人だと思わなかった」

なんて言われたことありませんか?

そんなこと言われたら、逆にこっちが、えー、であります。だったらワタシのことどんな人間だと思っていたわけ? 今日もそんなことがありました。

思い起こせば物心ついてから今日まで、へぇー、意外や意外、ワタシってそう見えるんだ、そう思われてるんだ、へぇー、それは知らなんだ、そんなことが数多ありました。

面白いですね、他人(ひと)の目に映る自分って。また逆もしかり、他人(ひと)のことも勝手な思い込みや色眼鏡で、また見たいように見ているのかもしれません。

この歳になっても、自分のことさえよくわかってないのですから、他人にわかるわけないでしょ、そう簡単にわかってたまるか。

【スポンサーリンク】

 

ハァー? ワタシがですか? ぜーんぜん、違いますけど……でも、そう見えるのであれば、それもワタシ、これもワタシ、ぜーんぶひっくるめてワタシなのでしょう。

最近はどうでもええわ、そんなこと。勝手に誤解でも思い込みでも好きなように思っていただいて結構、そんな感じでしょか、自棄になってるわけじゃありませんがね。

あの人には、こう思われたい、嫌われたくない、仕事で職場で嫌われたら仕事がやりにくい、そうは思われたくない、好感度が低いは自分にとってこれからの人生にとってマイナスetc.etc. 

しかし、それも今は昔、年寄りはそんなことから、一切合切、解放されたのじゃー! ………………寂しい。

でも、ただ……そうですね、全てにだらしなさそう、不潔に見える、性格が怖そう、関わるとヤバそう、それは嫌ですね、そうは思われたくありませんね……頑張りましょ。

 

娘とは何もかも違うの、だから話も合わないのよ。なんであんなふうなのかしら? 誰に似たのかしら? 

(はい、それはすばり、母親であるアンタに似たのです、そっくりですよ、その気の強いところなど)

自分のことって結構、わからないものですね。でも他人は、その辺り、しっかり見てたりするんですね。

【スポンサーリンク】